指談(ゆびだん)でお話しましょう!

2016年12月08日

「あれっ?」が伝わった。



今回の福岡には指談をして欲しいと 呼んでいただいて

12月1日~2日の一泊二日で行く予定でした。


2日に福岡を出発するまでに少し時間に余裕があったので facebookにも

「指談が必要な方でお伺いできそうならお問い合わせください」と載せました。



その投稿を福岡の古賀さんがシェアしてくださって、その記事を見られて

友人のご主人が2月に倒れて意識障害の状態、というYさんが問い合わせて

くださったのでした。


Kさんのご家族が指談を希望されているかどうか、確認していただいて

病院に伺うことにしたのですが 北九州市の病院ということで2日に伺うには

移動時間もかかり夜になってしまうこと、伺える時間の確約も少し厳しく思えて

北九州市に夜に移動して延泊し、3日の朝いちばんに伺うようにしました。


3日は午後二時までに氣圧療法の予約のお宅(豊中市)に移動できればよく、

小倉から10:30頃の新幹線に乗れれば スケジュール的にはばっちりでした。


直方まで古賀さんの運転で送っていただいて、翌朝はYさんが迎えにきてくださり、

遠賀川の美しい川面を横に見ながら北九州市へ向かいました。



お目にかかったKさんのご主人は動かせなくなった身体に心も諦めかけていたと

指談で教えてくださいました。



指談や筆談で奥様にも〇、/、△を感じていただきました。

いろいろなお話を指談でしている中で ご主人が「あれっ?」っと思った瞬間を

奥様もその場のみんなも感じていました。

「今、あれっ?って伝わりましたよね?」

「確かに、今、あれって感じました」


コミュニケーションというのはどこがどう動いたか、ではないのだと思うのです。

目に見えない、ご主人の心の波を その場にいた数人が同時にキャッチしました。


背内側前頭前野(はいないそくぜんとうぜんや)を活発にすると高度なコミュニケーションが

可能になるそうです。場の状況で脳波がシンクロするとも聞いています。


そんな状況になったからかもしれません。

諦めない、今日からまた頑張る、とお話してくださいました。


古賀さんとYさんはかっこちゃんの講演会のスタッフでお知り合いでした。

お二人共、お友達のご家族が指談でコミュニケーションが取れたら、という思いで

それぞれ別々にご連絡をいただいていました。わかってみるとご縁はこうして

しっかりと繋がっているのですね。


Kさんが 倒れたご主人のことで Yさんに連絡をくださったのは 白雪姫プロジェクトの

postcardを 今年の年賀状に使っていて、白雪姫プロジェクトの情報が届いていたから。

そしてホームページを見てくださって 「指談とは?」と思っていたところだったそうです。


少しづつでも回復が進みますように。





。  


2016年12月07日

脳はどう感じているか?

指談でお話させていただく時に ご自身の身体を

どういうふうに感じているか、質問します。

特に身体の障がいが見受けられなくても その方の脳が

ご自身を イルカみたいな身体と 感じているとしたら

腕を動かすとか 手を使うという発想が出ないということを

本で読んだから、ということもあります。


それで 指談で 脚の感覚ならば どんな位置に置いているのかを

ご自身がどう感じているのか、お尋ねします。


Rさんは 左脚はぼんやり、と指で教えてくれました。

声をかけて、ゆっくり触りながら ここは太腿の前側、こちらは裏側、膝はここ、

というように 脳から一番遠い足の指までを感じてもらいました。

足の指を甲の側の起こしたり、足裏側に倒すと くくっと膝を曲げて動かしました。

単なる反射かも知れませんが その後は 指談ではい、と答えるタイミングで

左脚を動かせることがわかりました。


100パーセントでなくっても 自分の思いで左脚が動くことをご家族も

喜んでくださり、遅れて病院に見えたお父さんは その動きにわっと 泣かれたのでした。

「倒れてから ずうっと 心配や不安を押さえ込んできたんです」とおっしゃられて。


指談ができなくても 思いを表出できると 小さな光の道が開くと思うのです。

ご家族で 新たな単語帳を作り上げるように コミュニケーションの可能性を

わずかな動きからでも見つけて欲しいです。



  


2016年12月04日

きんちゃん


きんちゃんは 大きな瞳の輝きが印象的なお子さんです。

寝たきりで お勉強は学校から先生が訪問してくれて

本を読んでもらって、きんちゃんはそれを聞いているのだそうです。


ほんとうは 算数なら答えをきんちゃんに聞いて欲しいと思っていると

指でおしゃべりしてくれました。


声が出せるので 言葉にならなくても 声で きんちゃんのYes、Noを

伝えることもできる可能性があります。


きんちゃんの夢は 歩くこと。

スパイダーというバランスを取って立てる装置を使ったり

これから開発されるであろう、新しい器具で 負担なく立てる訓練も

探してみようね、と私が言うと 歩くことを諦めなくていいんだねって

瞳がいっそうきらきらしました。


とても落ち着いていて 内面はすっかり大人のように感じました。

この日、小さなお嬢さんがきんちゃんを 訪ねていました。

きんちゃんの弟さんとおもちゃを取り合ったり二人が泣いたりするのを

見ていて 「子供だね〜」と言うのでした。


筆談も挑戦しました。◯、/、△。

これだけ書ければ 質問の工夫で きんちゃんの思いを

伝えることができます。


この日は クリスマスにプレゼントをサンタさんにお願いする?と

尋ねると、「本当のことも知っていますが冒険のビデオがいい」と

教えてくれました。そうか、サンタさんの秘密を知ってるんだね。


駅まで送っていただいて お母さんがご自宅に戻ると きらきらの瞳で

待っていてくれたそうです。


素敵な魂の勇者さんと暖かいご家族に会えた夜でした。







  


2016年12月04日

指談に出会った方々の ブログ ご紹介

神戸のひろやくんのお母さんが 先日の名古屋での

「指でおしゃべりの会」で出会えた勇者さんの

ご家族のブログを紹介してくださいました。
こちら☆


ご家族からご家族へと 指談や筆談が 伝わっていって

言葉で表現できなくても 豊かな思いがあることを

知って子育てをしてくだされば嬉しいです。


ブログを拝見すると 小さな人の 音のないおしゃべりの

それとなく伝わってきたトーンまで蘇ります。


みっくん、お水は嫌いで飲まないって 思っていたら

水だよって見せて、少しずつ飲みたいとおしゃべりして

その夜からごくごく飲んでいるんですって。(^^)  


2016年12月01日

白雪隊 北大阪ミーティング

昨夜は あつみ鍼灸院で 白雪姫プロジェクトのサポートチーム、

白雪隊のミーティングでした。16名の参加で賑やかです。


先日の ドキュメンタリー映画 「銀河の雫 はじまりはひとつ」

上映会とかっこちゃんの講演会のアンケートを見せていただいたり、

講演会に来てくださった方で 意識障害になったご家族がいる方も

初参加して コミュニケーションの可能性、介助法のこと、

諦めないことなど をそれぞれにお話しました。


アンケートにも 諦めないで 前に進む氣持ちを書いてくださったり、

白雪隊の活動に興味があると印を付けてくださった方が多く、

もっと白雪隊のことの発信をしたいと思いました。


あつみ鍼灸院の無目的会議室のお隣にも お部屋があります。

隙間時間に 腰痛ケアのプチ魔女活もさせてもらいました。


終了後は 渥美先生のお馴染みのたこ焼きタイム。


この時間も お互いに交流できる、楽しみな時間です。
j  


2016年11月29日

12/1-2 福岡に参ります。


「福岡市に来られたら 指談でコミュニケーションができるか、

会ってもらいたいのです」と お話をいただいておりました。


平日ですが12/1(木)と12/2(金)に福岡に参ります。

12/1は すでに予定が詰まってしまいましたが

12/2ならば 時間帯により、指談でお話をさせていただけます。


ご希望がありましたら メッセージをお送りくださいませ。

よろしくお願いいたします。


  


2016年11月29日

一昨日の上映会

茨木市のクリエイトセンター(茨木市市民総合センター)2階の

多目的ホールで 午前中に「ドキュメンタリー映画「銀河の雫」の上映、

入替えで 午後から映画の上映会と山元加津子監督(かっこちゃん)の

映画「銀河の雫 はじまりははひとつ」の講演会でした。


午前中は スタッフが観るための上映という意味合いもあり、

800円で開催しました。お釣りをネパールの募金箱に入れる方も

いらっしゃいました。


スタッフミーティングというほど事前のミーティングもなく当日を迎えても

渥美先生の応援団の たんぽぽの仲間たち関西のみなさんも

白雪姫プロジェクトサポートの白雪隊のみなさんも それぞれにテキパキと

動いてくださるので 私といえば、受付に顔を出したり、控え室に行ったり、

当日の提出物をクリエイトセンター事務所の出したりと、うろうろしていたら

かっこちゃんが 「駅からタクシーがなかなか来ずに歩いてきたの」と

フード付きの上着がぐっしょりで到着されたのでした。

でも、「雨が降ると濡れながら踊りたくなる」というかっこちゃんは

笑いながら歩いてきたんだそうです。

へーきょ、って言うけれど ドライヤーあればなぁと思いました。


上映会には 指談の繋がりの方、合氣道繋がりの方、ハートオブミラクルのメンバー、

さくやちゃんに繋いでくださったSTさん、スイッチの達人んの二宮さん、そして

レッツチャットの松尾さん。そういうお仲間も大勢来てくださっていたけれど

かっこちゃんに会うのが初めての方が 半分近くいらっしゃいます。


映画を観て、かっこちゃんのお話を聞いて 心の奥に暖かく響く時間になったと思います。

白雪姫プロジェクトの缶バッチがチケット代わりでした。

多くの方に白雪姫プロジェクトを知って伝えていただけると嬉しいです。


たくさんの手作りおにぎりと稲荷寿し。美味しくてみんなでいただけて感謝です。

白雪隊のKさんが早朝から作ってスタッフ控え室に差入れしてくださいました。






  


Posted by まきの じゅんこ at 15:07Comments(0)白雪姫プロジェクト映画 銀河の雫

2016年11月26日

ドキュメンタリー映画 銀河の雫 上映会


山元加津子さんの初監督映画、銀河の雫 はじまりはひとつ、

明日 11/27に茨木市クリエイトセンターで 上映会と監督の講演会です。


主催は白雪姫プロジェクトのサポート隊、関西白雪隊と

これまでも山元加津子さんの講演会を15年続けてこられた、

たんぽぽの仲間たち関西の 渥美さん。

実は 北大阪の白雪隊のミーティングは 渥美さんの鍼灸院の

無目的会議室が会場で月に一度集まって 力の要らない介助法や

コミュニケーション可能性を勉強しているのです。


明日は 白雪隊のみなさんで スタッフをしてくださるので

白雪姫プロジェクトサポート メンバーが 大集合します。

まだ お席に余裕がありますので、ピンッときたら おでかけくださいね。


上映会のご案内  


2016年11月23日

らぶはんず(家族会)ミーティング

CDKL5遺伝子異常と診断されたおこさんの家族会、らぶはんずの

全国ミーティング(とは知らないままに➩こらこら!)名古屋に行きました。


神戸のひろやくんのママからのご縁で 伺うことにしたのです。

「指でおしゃべり会」という名前は ひろやくんのママが

昨年、10月に神戸で指談の会をしてくださるときに付けてくれました。

この日にひろやくんは来られなかったので 指談のことをこれまでに

聞いたことはあるけれど どういうものか、知らないご家族がほとんどでした。



当日にお世話をしていただいた、momoちゃんのママがブログで書いてくださいました。

☆こちら


指談ができなくても、誰もが思いがあるし、伝えたいと思っていると知っていただく、

言葉で返事がなくても声をかけること、返事を待つタイミングも(返事がこなくても)

大切にすることもお願いしたのでした。

こうしてご存じでなかった方に指談や白雪姫プロジェクトが必要な方に伝っていくと

嬉しいです。

ひろやくんのママのブログひろやがいく!!!

たくさんの方とのご縁をありがとうございます。


  


2016年11月21日

倉敷~岡山

倉敷は 街路樹も紅葉していて とても綺麗でした。

二宗さんが 指談と出会って もう話せないと思っていた意識障害の息子さんと

コミュニケーションが取れたことをお話され、

その後で 私は指談で出会えた障がいを持つお子さんたち、

脳の病氣で言葉がない方、自閉症の方との様子をお話して

ワークショップをさせていただきました。


今回は 社会福祉法人のスタッフさんたちも来てくださって

日常に 言葉の出せない方を支援される現場で指談に限らず、

コミュニケーションの可能性を考えていただけたことが嬉しいです。

指談のことも白雪姫プロジェクトのこともお伝えしました。



いつも 二宗さんとお仲間が暖かく準備してくださって

ありがたいです。


そして この日に 東京からゆかりさんとモリィさんも別の講演会に

波動スピーカーの音響のお手伝いで岡山入りしていると知って

終了後は倉敷から岡山へ移動。


ゆかりさんにレンタカーで駅前まで来ていただき

姿がよく見えない黄昏の岡山駅前で 待ち合わせです。無事に会えて、

モリィさんは 大きな機材と荷物をみながら会場で待っていてくれました。


お二人は波動スピーカーのレンタルと、音響のセッティングなどを朝からされていて

私の新幹線までの時間で一緒に食事をすることにしました。


波動スピーカーは 桐の特別製の箱に収まっていますがとても大きい荷物で

コンビニからは送れないので 宅急便の営業所まで ドライブ。

駅前からは結構距離もあるし スマホをナビ代わりにして夜の岡山を移動です。


「この道で合ってる?」「 これトラックターミナルに行くよ?」「 なにも見えないよ〜!」と

賑やかに移動して無事に到着。


スタッフさんに どこか美味しいお店、ご存知ないでしょうか?と聞いて

鮮寿という お寿司のお店を教えてもらいました。


それは さっき宅急便の営業に向かって走り出した駅前の交差点のすぐ近く。

帰りは同じ道なのに往きよりもずっと近く感じます。

往きは夕方のラッシュアワーだったからでしょうね。


鮮寿は美味しくて 一品ずつでてくる、素敵なお店でした。


晴れの国では 新しい出会いも、再会も いつもの笑顔のスタッフさんも

心に残る一日になりました。美味しくて楽しくて、ありがたいです。