指談(ゆびだん)でお話しましょう! › 指談(ゆびだん)って?

2017年08月16日

たくくん


先週末に ご紹介をいただき たくくんに会ってきました。

ご挨拶すると 座位保持装置に座って 澄んだ目で見てくれました。

でも目をつむって 寝てしまったかのようになることが多いそうです。

美術館でもずうっと目をつむっていたんですって。


たくくんは 子どものころは歩くこともできたし

だんだんにできないことが出てきた21歳の青年です。


目を閉じていても 起きていると教えてくれます。


他の勇者さんでも 目をつむっていても見えるよって言いますね。


美術館では 絵のおしゃべりを聴くんだと教えてくれました。

絵の教室では 教室の匂いが好きだよと。


たくさんお話をしてくれました。

ご両親と 一旦できなくなったことも

リハビリや 筋肉に動け〜!って言い続けると

回復することがあることや

脳幹の重さを首や背骨にかかるように 座ることや

立つことが脳の回復にとてもいいことをお話していたら

目がキラキラとして もっと聞きたいって言っているようでした。


諦めないことも白雪姫プロジェクトプロジェクトです。



  


Posted by まきの じゅんこ at 19:53Comments(0)指談(ゆびだん)って?

2017年08月05日

海に行ったよ。


和歌山市に またお伺いしました。

りんくんとは3月のお誕生日前にもおしゃべりして

お誕生日にプレゼントは何がいい?と聞いたら

夏、みんなで海に行きたいと教えてもらいました。

家族みんなで、両方のおじいちゃんおばあちゃんも

賑やかに白浜に泊りがけで行けたそうです。


何がよかった?と聞いたら

海と砂浜の境目で プチプチ、ピチピチと音を聞いて

ごろんごろんとできたことだよって教えてくれました。


ホテルのプールは?とおじいちゃんが聞くと

プールは学校にもあるから、海の砂浜が楽しかったと

おしゃべりしてくれました。


ママからは りんくんが最近ちょっと困った行動をするというので

かっこいい小学生になるには それをしないこと、

パパもじいじも かっこ悪くなるからやらないもん。

我慢できるといいね、ってお話しました。


帰りはこれまでは駅まで一緒に送ってくれたりんくんが

二人のじいじたち、二人のばぁばたちと残るって意思表示。

ちゃんと表現できて、ママにも伝わったね。







  


Posted by まきの じゅんこ at 20:11Comments(0)指談(ゆびだん)って?

2017年08月01日

れんちゃんと ひろくん

和歌山市へお伺いしました。

りんくんのおかあさんからの繋がりで

小学三年生のれんくんと一年生のひろくんに会いました。

れんくんは 難聴もあるお子さんです。手話ができるので

指談で対話ができるか 会ってみないとわかりませんでした。

ひろくんは自閉症のお子さんでした。


れんくんとひろくんは学年が違うけれど 同じデイだったから

お友達でれんくんのお家にもひろくんは行ったりしているようでした。




写真は れんくんが 初対面の私におもてなししてくれた一部。

おかあさんは 普段、こんなことはしませんけどねっておっしゃいます。


暑いから と冷蔵庫から氷を出して この他にバナナも りんごジュースも

運んでくれます。


おしゃべりする前にお腹がいっぱいになっちゃいそう。(^^)

手を持たれるのは嫌そうだったから 二人とも踵で。


質問のリストから 思いを聞きながら おしゃべりしました。

れんくんは キャラクターの本を切り抜いて テープで器に貼り

それぞれにコラージュしてくれます。

その本のどこにどんなキャラクターがあるか、知っていて

素早く切って貼って行く様子は見事です。


お料理やお菓子作りも大好きなれんくん、学校も楽しいって

教えてくれました。

窓の外の空模様が常に氣になるようでしたが

「曇っていてもその雲の上はいつも晴れているんだよ」って

私の師匠がベルギーでお話したエピソードを伝えました。


ひろくんは 動物たちとおしゃべりができるって言いました。

動物のお世話をすることが楽しみだそうです。

学校も好きなことを教えてくれましたが

おかあさんの知りたい、お弁当のことや冷めた食材のことは

まだ秘密のようで 教えてもらえませんでした。

道に飛び出すのをおかあさんが心配されてひろくんに聞くと

自動車が来ないのに、止まるの?って言うのです。

きっと車が来るとか来ないとか、察知できちゃうんですね。


指談で対話してもご本人の言いたくないことは聞き取れません。

それって言葉がある人もない人にも同じことですよね。


2時間ほどの時間でしたが お友達になれたかな?

ハイタッチで送ってもらいました。









  


Posted by まきの じゅんこ at 17:30Comments(0)指談(ゆびだん)って?出会い

2017年07月20日

体感することで。


指談(ゆびだん)は知識だけあっても できるようになるのは 少し厳しいように思います。

体感してくださると一歩、できることに近づきます。感性を開く、というのは心の目と耳で聴く世界だから。


一度体感したら すべてがわかるとは言えませんが、体感することはこれまでになかった感覚の扉が開かれる瞬間ではないでしょうか。


山元 加津子さん、かっこちゃんの言う、信じる力も体感してこそ、より強く発揮されるのだと思います。


見えないものは左目で見て聞こえない音を右耳で聴く。


ランディさんが 耳のまほうの中でアイヌの方やネイティブアメリカンの考えを紹介されました。




7月23日(日)に伊丹で指談・ことば教室を開きます。

体感してくださると嬉しいです。


  


Posted by まきの じゅんこ at 05:05Comments(0)指談(ゆびだん)って?指談の講習会

2017年07月09日

指談の冊子

7月1日の 耳のまほうの会場に用意していた「指談で開く言葉の扉」(ろばの耳)はこの日、完売になりました。


私の手元の在庫も切れていましたのでろばの耳へ追加のお申込みをしていました。

指談の本、白雪姫プロジェクトの本の購入の方法はここに書いてあります。
http://itijikurin.blog65.fc2.com/blog-entry-2130.html


届いた請求書では送料がいつの間にか上がっていて、前回うっかり前の送料の金額のまま送金していたことに氣付きました。申し訳けなかったです。


会場でこの冊子をお申し込みくださり、お待ちいただいているみなさん、これからお送りしますのであと少しだけお待ちくださいませ。


誰にもコミュニケーションの可能性があることを知って伝えてくだされば嬉しいです。  


Posted by まきの じゅんこ at 18:54Comments(0)指談(ゆびだん)って?

2017年07月06日

どうしてできるんですか

初めて 指談でお話をさせていただくと

ご本人から どうしてこんなことができるんですか?とよく質問を受けます。

なぜできるのか、私はわからないけれど
教えてもらったようにしたらその日からできてしまった。

できないと できるの違いのことを考えていたら 合氣道に親しんできたことと関連がありそうに思えた。

感性を開く、無意識を整えることと合氣道との繋がりを感じずにはいられなかった。

たまたまいただいた機会に合氣道のエッセンスでの指談にアプローチを試みたらその感覚を共有いただけた方が多かった。


合氣道からのアプローチはひとつの方法ではあるが唯一、ということではない。


ひとりひとりに合う、まるでオートクチュールみたいに様々のアプローチが求められるから、そこを見つけ出す間のやりとりさえも大切なコミュニケーションです。


そして 最近はその質問には誰にでも思いがあることを知ったから、と答えます。


それは分け隔てのない関係。


立体視が 浮きあがって見えた瞬間に 感じた感覚も指談(ゆびだん)で相手と繋がれた感覚にとても似ていました。


急に透明感が増して 平面がクリアな立体に変わる感じ。


体感していただいたらわかること。感性の領域。
  


Posted by まきの じゅんこ at 13:11Comments(0)指談(ゆびだん)って?

2017年07月05日

別け隔てない関係

Eric Berneの交流分析について 教えられた時に

あ、指談で 会話が成立する瞬間と同じ、と感じました。


4つの立場をお互いに感じ合うワークをして、

あなたも素晴らしい、私も素晴らしい、という立場の時に

はっきりと何かが 伝わる実感がありました。




そうでない立場は対話が成立しません。


私は素晴らしいがあなたはだめだ、でも

あなたは素晴らしいが私はだめだ、でも

私もだめだ、あなたもだめだはもう問題外です。


言葉が出ない、反応ができないことで

あなたも素晴らしいとは思えないとしたら

その時点で対話は成立しないのですね。

一方通行になってしまう。


耳のまほうのステージに 中津川さんが登壇されて

響さんがステージに急に興味を示した時、

私はお互いのrespectする関係を見た氣がしました。


指談でもコミュニケーションでも そのことが大切。

そういう部分は目に見えないし計量化できませんが

私が大切に思うことです。

  


Posted by まきの じゅんこ at 19:25Comments(0)指談(ゆびだん)って?

2017年07月05日

耳のまほう

7月1日(土)の 耳のまほう。


どうやって運んだの?というサイズの巨大な流木や

貝殻をキラキラとあしらった木の枝製の大小のティピ。
大きな切り株。

柔らかな緑の芭蕉葉の曲線が自然の空間とホールの空間をつないでいました。
早くおいでになられたお客さまもスタッフのように椅子を並べて会場設営をしてくださった。
(会場設営の時間は僅か25分!)
照明を押さえた会場に200人を超えるお客さま。

一部は私と指談のこれまでのことをお話し、二年前の響さんとの出逢いについてのお話。

会場のみなさんに感性の扉を開くデモンストレーションを体感していただきました。

二部は初めてのステージに挑戦した最重度の自閉症といわれる響さんの耳のまほうを体感していただきました。


響さんはしっかりとおかあさんの淑美さんに思いを伝えていきました。

響さんに聞くと、耳のまほうというのは 指談や筆談も含んだ 言葉によらないコミュニケーション。

かっこちゃんの言う、心の目と耳を澄ますことで伝えあえることなんじゃないかしら。


この日 響さんは拍手をした。生まれて初めて。

バイバイと手を小さく振った。生まれて初めて。


参加されたみなさんが知識ではなく、耳のまほう、響さんの世界を体感しようとしてくださったことが嬉しいです。


ランディさん、中津川さん、ありがとうございます。

主催のジョーさん、里菜さん、準備ありがとうございます。

耳のまほうが広がれば世界平和が叶うという響さん。


アリゾナに行きたい、という夢も叶う日が近そうです。


  


Posted by まきの じゅんこ at 01:00Comments(0)指談(ゆびだん)って?

2017年07月03日

耳のまほう 響さん

6月末。一年の半分が過ぎてしまった日。神道では大祓いの日。

朝からオオツキタイジさんのメッセージで 嬉しくなる。
オオツキタイジさんは多才な方。

私の中では物静かなカメラマンとして記憶していた方。

お仕事でヨーロピアンフラワーのアレンジメントの撮影をされ始めている。

そして撮影後のアレンジメントをプレゼントすることになさってFacebookにその投稿をみつけた。

一回目は先着一名ということで 私が手をあげたらすでに二番目で、残念〜。(^^)

と思っていたら!繰り上げで私にいただけることに事情が変わった!

ハズレたと思い携帯をみることもなく何も知らずに一日を過ごして午後7時すぎにタイジさんのメッセージに氣付いてたもの、もう他の方、しかもその方に渡たるベストなタイミングで渡された後でした。


二度目からは何かお花が欲しい理由をコメントしてタイジさんが渡す方を決めることになって手を挙げたけれど やはりそのタイミングで渡すべき方が現れた。

ちょっと不思議な手渡され方をする、アレンジメントのプレゼントなのです。


撮影日は大まかに決められていても都合で一回飛ばしたりもするのに三度目はすぐに募集があり、指談(ゆびだん)との出逢いで、20年間コミュニケーションが取れなかったのに家族とも支援の方とも指談(ゆびだん)でコミュニケーションができるようになり、初めての講演会、耳のまほうでステージに上がるために伊丹へ来てくれる響さんに渡したい!とコメントを残しました。


今回は私の他には誰も手を挙げなかったことも不思議です。


夕方、待ち合わせの場所に現れたオオツキタイジさんは響さんのこと、翌日の講演会のことを聞かせて、と私へのインタビュー動画を付けてFacebookにアップしてくださいました。

その時点でイベントの残席がまだ25席以上残っていたのです。


預かったアレンジメントには伝筆(つてふで)でメッセージを書いてくださいました。

タイジさん伝筆も教えていたそうです。

響さんのこと、指談のことを聞いたら行きたくなったけど耳のまほうの日はお友達の結婚式だからビデオ、撮りますかね?見たいな!とおっしゃる。

スタッフに撮影を確認のメッセージを送ったのにその返事が待ってもなかなか来ない。
あれれ?

お夕飯時だからなぁと思っていたらタイジさんがご自身の家庭用ビデオを貸してくださることに。

自転車なんで取りに行ってきます待ってて、と。


そして動画がアップされ、当日は申込がびっくりするほどあって満席に、それでも足りずに椅子を急遽追加することになりました。


タイジさんの動画、すごいです。  


Posted by まきの じゅんこ at 10:05Comments(0)指談(ゆびだん)って?出会い耳のまほう

2017年07月03日

サプライズ サプライズ!


素敵なアレンジメントのお花を カメラマンの オオツキタイジさんが

プレゼントしてくださいました。

実は このお花のプレゼントにはとても不思議な流れがあるんです。

そのストーリーをタイジさんが インタビューして動画にしてくださいました。


  


Posted by まきの じゅんこ at 09:46Comments(0)指談(ゆびだん)って?耳のまほう