指談(ゆびだん)でお話しましょう! › 指談(ゆびだん)って?

2017年06月25日

いたみホール内中ホール は 6階です。

もうすぐ 耳のまほう。

会場は 伊丹市にある いたみホール 内 中ホール




中ホールというのは 6階にあります。

エレベーターで 6階にいらしてくださいませ。


お申し込み 受付中です。

  


2017年06月25日

さくやちゃん

さくやちゃん 指談でおしゃべりする勇者さん。

天使のような笑顔です。

ほっこり、にっこりの勉強会でした。


こちら

心臓の手術を3月にして

「だいじょうぶです」と言いたかったそうです。

膀胱に結石ができて 出るときに痛みがあるんですが

だいじょうぶって言ってくれます。

18トリソミーのとってもキュートな三歳児。

来月もよろしくお願いします。

  


Posted by まきの じゅんこ at 09:04Comments(0)指談(ゆびだん)って?深い想い

2017年06月17日

いつかまた

青すぎるほど澄みきった青空。

もう6年前になる(!!)ブルガリアの空。

6月の旅は暑くて熱くて とても心に残っています。

またあの空を眺めてブルガリアの素朴な空氣の中で

時間を過ごしたくなりました。


願いは叶うから、きっと近い将来に 行けると思います。

今からちょっと楽しみにしています。


「諦めない」を こんなことにも発揮するのです。  


Posted by まきの じゅんこ at 04:12Comments(0)指談(ゆびだん)って?氣付き

2017年06月14日

倉敷へ


倉敷へ 指談のお話をさせていただきに行きました。

口コミで集まっていただいたみなさんは 今すぐに指談を

必要とされている方はいらっしゃいませんでした。


主催の二宗さんの 息子さんとの指談の実体験を聞いていただいた後、

白雪姫プロジェクトは 平らかな関係でみんなが幸せになれることを

目指していること、かっこちゃんのこと、メルマガのことを紹介して

指談で出会えた勇者さんのこと、コミュニケーションの方法が

言葉や身ぶりのほかにも たくさんあることを お話させていただきました。


こうして倉敷でお話をさせていただくと まだまだ白雪姫プロジェクトも

コミュニケーションの可能性のことも 伝えていかなくちゃ、と思います。


スマホを私に手渡して「メルマガに登録してください」とおっしゃる方もあり、

久しぶりの登録手続きでしたが 携帯から

こちらのアドレス

a0001012961@mobile.mag2.com


空メールを送って 無事登録完了しました。

みんな違って素敵なのだということ、みんなが平らかな関係で幸せになれること、

毎朝届くメルマガ(無料)を 読んでくださると嬉しいです。

倉敷へはまた10/28 にお伺いする予定です。


セルフケアのクラスもできるといいなぁと思います。  


Posted by まきの じゅんこ at 17:12Comments(0)指談(ゆびだん)って?深い想い

2017年06月09日

猫また猫(^^)



特急サンダーバードに乗って 小松へ。

一番前に指定席を取ると 大きなテーブルとコンセントがあるのです。

ワイドパンツの縫いかけを ちくちく手縫いして移動です。


白山の雪も残り少なくなりました。

小松でかっこちゃんと合流して 以前にも何度かお目にかかったKさんのおかあさんに会いに。

意識障害で何もわからないと言われたおかあさんですが 瞬きでお嬢さんと

会話をできるようになりました。

おとうさんも病室で おかあさんに話かけてくださるようになったそうです。


久しぶりにお会いすると 表情が豊かになっておられて 猫の話題では

「可愛いですか?」とたずねたら「私はまぁまぁ、ですけどね」と笑い顔になり、

おとうさんが 御見舞いに来てくれることについては 涙も見せていらっしゃいました。

大好きな思いや、すまないなぁという思いや 来てくれると安心できると。

もうひとつの病院は もう何度目でしょう、伺う度にできることが増えていて

おかあさんが意識障害の息子さんのリハビリを賑やかに、明るくてパワフルに

毎日なさっていて 息子さんも笑いがよくでています。


おかあさんが「うちに猫がおるんよ」と話された途端に意識障害の息子さんが

笑い出して 指談で「この話は笑えますよ」と教えてくれます。


朝4時頃に 元飼い猫で息子さんもよく可愛がった猫(今は 納屋を住処にしている)と

野良猫が外で喧嘩してるのがうるさいからと おかあさんは雨の降る中を 追い払おうとして

足元が滑って逆に転んでしまったそうです。

このあたりで、息子さんは大笑いされました。

目蓋を打って目のまわりに怪我をされたそうなのに。「まだ4時頃だったからまた寝て」とおかあさんが言うと 息子さんは笑いすぎ!と思うくらいに笑い、

指談で「またそこから寝るんか!」とつっこみが入りました。

私もかっこちゃんもお腹をよじって大笑いになってしまいました。

初めてあった頃、笑顔もなく、顔をゆがめていたことが嘘のようないい表情が出せます。

厳しい毎日だと思いますが指談の時間に希望のかけらだけでもみつけてくだされば嬉しいです。

  


Posted by まきの じゅんこ at 22:25Comments(0)指談(ゆびだん)って?

2017年05月30日

耳のまほう


20歳のお誕生日直前まで 言葉がない、知的判定も不能と思われ、最重度自閉症と診断されていた響さん。

ご縁を繋いでいただき、約二年前の7月にお伺いして指談でおしゃべりをしたその日から 思いをご家族や支援の方にも表出できるようになりました。

響さんは言葉がないようにみえるけれども耳のまほうでコミュニケーションができる、と教えてくれました。

その響さんと田口ランディさんが昨年出会ってそこから私とランディさんの交流も始まりました。

7月1日午後1時から伊丹市のいたみホールで響さんとおかあさんの淑美さん、ランディさんと私も参加して対談イベントを へんてこ書房さんが企画してくれました。

指談のこと、コミュニケーションの可能性を広げられる機会になれば嬉しいです。


【チケット購入先】
http://ear33.peatix.com
【日時】
2017年7月1日(土)
開場 12:45
開始 13:00
終了 16:00
【場所】
いたみホール 中ホール
(〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前1-1-3)
・阪急伊丹駅から北へ徒歩3分
・有料駐車場あり
【参加費】
《早割》6/24までのお申込みで 2500円
《一般》3300円
イベントページ→https://www.facebook.com/events/1943001692589214/?ti=cl

  


2017年05月01日

すずらん




もう 今日から5月!早いですね。

初めてフランス語を習った時の副教本に 5月1日はすずらんの日ということが書かれていました。

春を告げるすずらんの小さな花束を贈るステキな風習があると知ったのはもう36年も前になります。

日本ではフランス語を使う場面も少なくて忘れてしまうのですが ふとした時に セ ル ジュール ドゥ バキ、という音が頭に浮かびます。


指談(ゆびだん)の講習会で ノームチョムスキー博士の「言語は生まれながらに持っている特性である」ということを紹介します。

学びで身に付けるものではなく、例えばフランス語を勉強することは その特性を思い出すことなのかなぁと考えています。


フランス語を習ったら、中学と高校だけの学校英語だったのが、英会話が不思議にスキルアップしたことも懐かしく思い出します。


ステキな5月をすごしたいですね。  


Posted by まきの じゅんこ at 09:49Comments(0)指談(ゆびだん)って?

2017年04月26日

ご縁が繋がって

伊丹で第六回の指談・言葉教室に

田口ランディさんからのご縁で繋がれた

ヘンテコ書房のジョーさんからのご紹介で

ST(言語聴覚士)さんも初参加されていました。




当日の様子をFacebookに投稿してくださいました。

指談は技術の前に「敬い」の氣持ち、と感じ取ってくださり

嬉しいです。

その記事をシェアさせてもらいますね。



こちら

専門職の方が指談を知って コミュニケーションの可能性を

広げてくださると嬉しいです。  


Posted by まきの じゅんこ at 21:03Comments(0)指談(ゆびだん)って?出会い指談の講習会

2017年04月25日

伊丹で 指談(ゆびだん)

脇田さんと伊丹で、指談(ゆびだん)の会を開いて2年目、第六回になります。

今年の1月に山元加津子さん講演会と ドキュメンタリー映画「銀河の雫」の上映をしたのも この指談・ことば教室の一年間のまとめ的なイベントでした。


今回は小さく産まれたRちゃんが おばあちゃまとママと三人で初参加されました。

ご家族で 指談(ゆびだん)を知っていただくことは ありがたいのです。

今日はやはりとても小さく産まれたちぃちゃんとママはちぃちゃんの手術入院で来られないけれど バーバラ(→おばぁちやま)とおばちゃまが先に指談(ゆびだん)のことを聞いてくる、と来てくださったのです。

この小さく産まれたお二人は同じ病院に入院していたことが自己紹介でわかり、繋がりにびっくりします。

湯河原の指談(ゆびだん)に行かれた方から様子を聞いて参加してくれた方もあり、縁脈はおもしろい驚きがありますね。

翔子ちゃんは毎回参加してくれます。ご家族や支援の方と指談や筆談でお話ができるようになって 会うたびにしなやかな成長ぶりにはっとします。

ゆりちゃんはおかあさんと来てくれました。

違いを感じ取るセンサーを開くことをメインに練習しました。  


2017年04月20日

やっぱり 合氣道で。

湯河原では前日から田口ランディさんのお友達、Satokoさんとご一緒できました。

うちのバッチャ、という 真面目な文体ながら抱腹絶倒の本を出している才媛なのです。


SatokoさんのFacebookから前日と当日の様子

心身統一合氣道のリラックスに指談のコツがあり、正しくやれば誰でもできることをSatokoさんも体感されました。

指が動く、動かないということではないのです。

湯河原の海岸で一緒に石を載せた時間も 指談があ、わかった!という感覚に似ていました。

  続きを読む


Posted by まきの じゅんこ at 06:53Comments(0)指談(ゆびだん)って?氣付き指談の講習会