指談(ゆびだん)でお話しましょう! › 白雪姫プロジェクト

2018年02月17日

旅の感想


長崎の旅は よかったですか?と

やす君に尋ねてみました。


とてもよかった、と教えてくれて

「自分の中で 色々やれる力を感じました」と。


この後、やす君たちは祈りの丘絵本美術館に行きました。

実はここが目的地だったかのようです、と。

午前中をめいっぱい ここで過ごして

別行動をしていた私とホテルで合流しました。

やす君は絵本美術館での時間の満足感を

笑顔で伝えてくれました。




Mさんが 空港まで送ってくださり

空港で長崎ちゃんぽんをがっつり食べて

帰路に。


旅の間のやす君は 自分ができることは 自分でする、

ホテルの朝食バイキングでも 誰の手助けもなしに

たくさんの種類を自分から選び、

美味しそうに食べていました。


この旅がやす君の自信に繋がるといいなぁと思います。




  


Posted by まきの じゅんこ at 00:23Comments(0)白雪姫プロジェクト

2018年02月15日

長崎へ


港の街、マンションかと思う大型客船
アーチストのやす君親子と一緒に行く長崎。

癒しの一泊旅行にご一緒しました。

空港からリムジンバスで市内へ。


これは反対方向に行く三両連結の電車

市内は路面電車で 移動します。

大浦天主堂、グラバー園を訪れて

オフシーズンの平日は 人も少なく

落ち着いています。

夕陽を眺めたらホテルにチェックイン。

たまたま、取れたホテルは

大浦天主堂からも徒歩数分のロケーションでした。


能のお稽古仲間Mさんが

昨年、長崎で案内してくれた

美味しい地元のお店を予約してくれました。

あご出汁の美味しいおでん、お刺身。

壱岐の麦焼酎がよく合いました。




夕食後は Mさんオススメの夜景スポット。

稲佐山の向かい側になります。

飾り立てるもののないシンプルなの展望台。

十六夜の月が 冴えざえと照らして

やす君も 嬉しそうでした。



  


Posted by まきの じゅんこ at 11:09Comments(0)白雪姫プロジェクト

2018年01月09日

ICUで。

あつみ鍼灸院の渥美先生のご縁で

パラグライダーで事故に遭った女性の病院へ。



うかつにも 到着してご家族と病院のロビーでご挨拶して

病室へ向かうと ICUでした。


急性期の病棟と聞いていたのですが ICUとは思わずに

案内していただいたのです。


骨折箇所が多く、手足はまだご自分で動かせない状態。



左目だけが開いていました。

痛みがあるか、お尋ねすると 指談で背中と伝わりました。

背中は広い範囲なので どの辺りに痛みがあるか、

肩の近くですか?肩甲骨の辺りですか?と順番にお聞きすると

肩甲骨より下で腰骨よりも上、真ん中辺りに痛みがあると

伝わりました。


付き添っていらっしゃるパートナーさんが

「背骨の9番と10番と櫓の役目の金具を入れる手術をしたんです」と

教えてくれました。事前に知らされていない情報でした。

痛みがあるのは 背中の真ん中辺りだけ、ということに納得しました。


足首も柔らかく保たれています。

付き添うご家族の毎日のケアが ポイントを押さえているから。

そして療養型の病院への転院は リハビリの充実を第一に

検討されています。


候補に挙がった病院では 立位の訓練をしてもらえるということで

そこに転院できるといいですね。


事故の恐怖心はほとんど伝わらず、希望を持って

回復を目指すことを伝えてくださいました。


いいふうになりますように。






  


Posted by まきの じゅんこ at 16:02Comments(0)白雪姫プロジェクト

2018年01月08日

いのちは ヤワじゃない




数年前からの お付き合いのKさんのご依頼で

10年ほど療養中のお母さまの病院に面会に行きました。


年末年始、急激に状態が悪化されて いのちの危機に

直面されたそうです。


身体に触れて 少しずつお話をしていきます。

触られることを拒否する感じではないことに ほっとしました。


そして指談でお話すると 表情がはっきりとしてきます。

瞑っていた右目をしっかり開けて 目の動きも出て

数字を一緒に書いたところで、なんだかお母さまの内面が

ぐうっと動いた氣がするのです。

時々声も出ていました。


いのちは儚く見えても 寿命がある間は生きられる。

「いのちはそんなにヤワじゃない」と杉浦貴之さんが言いました。

いいふうに回復されることを願っています。







  


Posted by まきの じゅんこ at 06:54Comments(0)白雪姫プロジェクト

2017年12月31日

2018年も 白雪姫プロジェクト


今年の大晦日は ゆっくりと過ごしています。

昨日は 病院に入院中の意識障害の女性を尋ねました。

一年前に初めてお会いしたころと 瞬きや表情の豊かさに

日々のご家族の応援の力を感じました。


ご高齢ですが肌がすべすべされていて

毎日、丁寧にケアを受けていることが感じられました。


ご家族が遷延性意識障がいの家族会もに繋がって

新しい情報を受け取って病室で実践されていることも

どれもが諦めないで前を向くことですね。



2018年は1月21日に伊丹で 指談・ことば教室があります。

もう9回目になるんですね。




どんな毎日の中にも幸せは見つけられることと

コミニュケーションの可能性と白雪姫プロジェクトのことを

来年も伝え続けようと思います。




みなさまにとってよい年でありますように。






  


Posted by まきの じゅんこ at 20:21Comments(0)白雪姫プロジェクト

2017年12月28日

2017年を振り返って


今年も残りわずかです。


私が指談と出会って 読み取れるようになって4年余り。

湯河原で 指談のワークショップ、講習会を4月に開いていただき

伊丹市に 響さんが来てくれた耳のまほうが7月。


長崎、岡山、高松、広島、東京、和歌山県、石川県も。

お声かけいただき、山梨県にも愛知にも行きました。


指談は実際の様子を見ていただくことで

未常識の世界にもコミュニケーションの可能性があると

伝わるのではないかしら。


一歳三ヶ月のひろやくんに出会えたのは 3年前の暮れ。


出会えた方が また、指談や白雪姫プロジェクトを

必要な方に伝えてくださることもありがたいです。


きらきらと いのちを輝かせて生きている様子に

一瞬でも触れさせていただいて ひとつの大きないのちを一緒に生きる、

宇宙の同級生、地球の同級生だなぁと思うのです。


お別れもありました。

貴子ちゃん、仙酔島を訪れた時、急に氣になって

お母さんに 身体の調子を尋ねるメールを送ると

救急搬送されたところでした。

祈ったけれど なんども奇跡的に回復してきたのに

この時は奇跡は起きなくて お空に帰ってしまった。

でも、そのタイミングで「精一杯生きたょ」

ってメッセージをくれたのかな。

小さな小さな手、足を思い出します。



  


Posted by まきの じゅんこ at 01:20Comments(0)白雪姫プロジェクト指でおしゃべり

2017年12月20日

師走



natural spirit社のStar People 65号に

指談についてのインタビュー記事を掲載いただきました。

丁寧に取材していただき ありがたいと思います。


昨年、ちょうどこの時期に 相模大野で

ドキュメンタリー映画 「銀河の雫 〜はじまりはひとつ〜」の上映会があり、

田口ランディさんとはその前日に初めてお目にかかって

その上映会に田口ランディさんも来てくださったのでした。


その夜、遷延性意識障害の女性のいるICUに

その方のお母さんと田口ランディさんと私が一緒にいて

指談の様子を見守っていただいたのでした

webマガジンヌー!に指談のことを取り上げていただいたり、

今年は 4月の湯河原での講習会、読み取り、

7月の耳のまほう、同時通訳で 指談と英語訳の収録、など

指談の応援をいろいろな形でにしていただきました。


こうして取り上げていただいて必要な方に情報が届くといいですね。



指談に出会って ご家族もご本人も笑顔が増えたら嬉しいです。


  


Posted by まきの じゅんこ at 02:11Comments(0)白雪姫プロジェクト

2017年11月28日

わかっているね!


大正6年のお生まれの おばあちゃんと

三ヶ月ぶりに 病院に伺ってお話をしてきました。

はじめは眠っていらっしゃいました。

指談では 痒いことを教えてくださいました。


この日は入浴の日だったそうで

おばあちゃんが お風呂に行っている間、

しばらく談話室でご家族とお話をして待っていました。



病室に戻るとほんのりと 肌の艶がよくなって

寝ていらっしゃいました。


お声をかけると 目を開けて 小さく頷いたり

まばたきをしてくださって、わかっていると

感じますね。


夏に ご家族が黒田節を聞かせると表情が出て

身体を動かそうとされたのです。

今回も 黒田節と炭坑節を聞いてもらうと

右手を小さく何度も動かして

目を大きくみひらいて聞いていらっしゃいました。


痒みがおさまり、痛いところもないことを

指談で聞けたのでした。







  


Posted by まきの じゅんこ at 05:37Comments(0)白雪姫プロジェクト

2017年11月27日

命はそんなに やわじゃない



11月25日に 大山崎にある、水上隣保館で

杉浦貴之さんと山元加津子さんのトークとライブの

イベントが 白雪隊とたんぽぽの仲間たち関西主催でありました。


ゆりの礼拝堂を会場に決めて 100人を目標に広報。

当日は101人の方が 坂の上の ゆりの礼拝堂に

おいでくださいました。


東京の病院で意識不明のご家族との指談でお会いした方、

紀伊田辺の病院でお会いした方、

指談の活動でお目にかかったみなさんが何人も

来てくださったのも嬉しいことでした。


あれから 頷いて合図がもらえます、と報告をいただき

よかったなぁと思いました。


いのちはそんなにやわじゃない、杉浦貴之さんの体験も

きっとどなたかの 光になることでしょう。


お二人のトークに私も仲間入りさせてもらい、

「なぜ病名がついた途端に 病人の顔になるんでしょう?」と

お二人に尋ねたら 杉浦さんも 末期癌と言われたら歩けなくなったと

お話してくださって 退院しても6年くらいは「病み上がり」と

言い続けていたそうです。

「いつまで病みあがりと言ってるんだ!」と言われた途端に

身体も変化したことをお話されました。


かっこちゃんが以前 勤めた病院のある学校では

病名がないお子さんは入学できないからと

自分で病名を選んでいいという校長先生がいたそうで、(^^)

自分から選んで決めた病名だと がっくりするとか

そういう変化がないのだそうです。

お医者さまに宣告された時とは違うの、というお話が印象的でした。


心が身体を動かす、氣の原理。

心で未来を決めていいんだなぁと思います。


  


Posted by まきの じゅんこ at 07:07Comments(0)白雪姫プロジェクト出会い

2017年11月10日

わかっているね!


台風の日に 伊丹市まで指談の講習会に来てくださった

Tさんのご自宅に伺って

自閉症の傾向のある中学生のお嬢さんと

指談やいろいろな方法も使って

お話をしてきました。


Sさんは ちいさな動きの頷きや

手の仕草や 手話のように形を決めて

ご家族とコミュニケーションが取れていました。


指談もさせていただいて おしゃべりをすると

Sさんが とてもよくなんでもわかること、

伝えることが少しばかりユニークな方法だったり

ちいさな動きでしてくれていることが見えて来ました。

やりたいことは ほかの人が笑顔になることをしたい。

指談でそう言って 笑顔になりました。


お父さんもお仕事を調整されて 見守ってくださり

これから わかっているお子さんとして声をかけると

おっしゃいました。


Sさんが指談でなくても 表出の方法をいくつもできることが

よくわかった、楽しいおしゃべりでした。


お父さんが腰痛があるとおっしゃるので

プチ氣圧療法もさせていただきました。


私にできることが どなたかの笑顔に繋がっていることが

嬉しいですね。  


Posted by まきの じゅんこ at 22:02Comments(0)白雪姫プロジェクト氣付き深い想い