指談(ゆびだん)でお話しましょう! › 白雪姫プロジェクト

2017年08月18日

ねむの木村


ご縁をいただき、掛川市のねむの木学園、ねむの木美術館に

お伺いしました。


田口ランディさん、江原啓之さんとピアノの吉田さん、

フィトセラピストの池田明子さん、日本ダウジング協会の加藤会長。

障害者のアートを応援していらっしゃる中津川さんも。


宮城まり子さんは 90歳の今も 永遠の少女の感性と

決してブレることのない意思で ねむの木学園を運営されています。


車椅子でしたが 冗談の応酬もテンポよくて素敵な時間でした。


4歳から70歳代まで 70名の方が暮らしています。

誰もが光るものを必ず持っているという信念で

絵画や音楽や 美術工芸、茶道の指導もされて

海外にも ねむの木学園のみなさんの作品や

歌声は届けられています。


今回はプライベートな訪問にご一緒させていただきました。


オペラの洋と和の歌を数曲、江原啓之さんが歌い、

一緒に訪問した私たちも「夏の思い出」を江原啓之さんと

歌って…という計画でしたが 宮城まり子さんが

ねむの木の全員で歌えばいい、とおっしゃって

そこから練習、練習、練習。何年振りかで歌いました。


夏の思い出を 全員で 大きな声で何度も歌い上げました。


お礼にと ねむの木学園のみなさんの歌。

どの曲も宮城まり子さんが、ほら あの曲をいただき、というと

即、暗譜で歌えてしまうのです。驚きました。


ねむの木学園のスタッフさんで初見でピアノが弾ける方が

いつもたくさんの譜面を抱えていらっしゃいましたが

その理由は いつ、どんなリクエストも弾けるようにという

ことだったようです。


ねむの木学園の見学は予約が必要ですが 美術館はいつでも

拝見できます。

今回は寄れませんでしたが吉行淳之介記念館も和の設計で

素敵な外観でした。

ゆったり、また訪問したいと思います。

  


Posted by まきの じゅんこ at 21:16Comments(0)白雪姫プロジェクト出会い

2017年08月16日

たくくん


先週末に ご紹介をいただき たくくんに会ってきました。

ご挨拶すると 座位保持装置に座って 澄んだ目で見てくれました。

でも目をつむって 寝てしまったかのようになることが多いそうです。

美術館でもずうっと目をつむっていたんですって。


たくくんは 子どものころは歩くこともできたし

だんだんにできないことが出てきた21歳の青年です。


目を閉じていても 起きていると教えてくれます。


他の勇者さんでも 目をつむっていても見えるよって言いますね。


美術館では 絵のおしゃべりを聴くんだと教えてくれました。

絵の教室では 教室の匂いが好きだよと。


たくさんお話をしてくれました。

ご両親と 一旦できなくなったことも

リハビリや 筋肉に動け〜!って言い続けると

回復することがあることや

脳幹の重さを首や背骨にかかるように 座ることや

立つことが脳の回復にとてもいいことをお話していたら

目がキラキラとして もっと聞きたいって言っているようでした。


諦めないことも白雪姫プロジェクトプロジェクトです。



  


Posted by まきの じゅんこ at 19:53Comments(0)白雪姫プロジェクト

2017年08月05日

海に行ったよ。


和歌山市に またお伺いしました。

りんくんとは3月のお誕生日前にもおしゃべりして

お誕生日にプレゼントは何がいい?と聞いたら

夏、みんなで海に行きたいと教えてもらいました。

家族みんなで、両方のおじいちゃんおばあちゃんも

賑やかに白浜に泊りがけで行けたそうです。


何がよかった?と聞いたら

海と砂浜の境目で プチプチ、ピチピチと音を聞いて

ごろんごろんとできたことだよって教えてくれました。


ホテルのプールは?とおじいちゃんが聞くと

プールは学校にもあるから、海の砂浜が楽しかったと

おしゃべりしてくれました。


ママからは りんくんが最近ちょっと困った行動をするというので

かっこいい小学生になるには それをしないこと、

パパもじいじも かっこ悪くなるからやらないもん。

我慢できるといいね、ってお話しました。


帰りはこれまでは駅まで一緒に送ってくれたりんくんが

二人のじいじたち、二人のばぁばたちと残るって意思表示。

ちゃんと表現できて、ママにも伝わったね。







  


Posted by まきの じゅんこ at 20:11Comments(0)白雪姫プロジェクト

2017年08月01日

れんちゃんと ひろくん

和歌山市へお伺いしました。

りんくんのおかあさんからの繋がりで

小学三年生のれんくんと一年生のひろくんに会いました。

れんくんは 難聴もあるお子さんです。手話ができるので

指談で対話ができるか 会ってみないとわかりませんでした。

ひろくんは自閉症のお子さんでした。


れんくんとひろくんは学年が違うけれど 同じデイだったから

お友達でれんくんのお家にもひろくんは行ったりしているようでした。




写真は れんくんが 初対面の私におもてなししてくれた一部。

おかあさんは 普段、こんなことはしませんけどねっておっしゃいます。


暑いから と冷蔵庫から氷を出して この他にバナナも りんごジュースも

運んでくれます。


おしゃべりする前にお腹がいっぱいになっちゃいそう。(^^)

手を持たれるのは嫌そうだったから 二人とも踵で。


質問のリストから 思いを聞きながら おしゃべりしました。

れんくんは キャラクターの本を切り抜いて テープで器に貼り

それぞれにコラージュしてくれます。

その本のどこにどんなキャラクターがあるか、知っていて

素早く切って貼って行く様子は見事です。


お料理やお菓子作りも大好きなれんくん、学校も楽しいって

教えてくれました。

窓の外の空模様が常に氣になるようでしたが

「曇っていてもその雲の上はいつも晴れているんだよ」って

私の師匠がベルギーでお話したエピソードを伝えました。


ひろくんは 動物たちとおしゃべりができるって言いました。

動物のお世話をすることが楽しみだそうです。

学校も好きなことを教えてくれましたが

おかあさんの知りたい、お弁当のことや冷めた食材のことは

まだ秘密のようで 教えてもらえませんでした。

道に飛び出すのをおかあさんが心配されてひろくんに聞くと

自動車が来ないのに、止まるの?って言うのです。

きっと車が来るとか来ないとか、察知できちゃうんですね。


指談で対話してもご本人の言いたくないことは聞き取れません。

それって言葉がある人もない人にも同じことですよね。


2時間ほどの時間でしたが お友達になれたかな?

ハイタッチで送ってもらいました。









  


Posted by まきの じゅんこ at 17:30Comments(0)白雪姫プロジェクト出会い

2017年07月17日

脳幹から。



イネイトのみなさんが 宮ぷーが倒れて間もない頃から

祈りの応援をしてくださったことを知っています。



福井の春木先生は毎月宮ぷーのところに施術に来てくださいます。

私はたまにしか宮ぷーに会いに行けないけれど

偶然、春木先生がお見えになる日となんども重なって

春木先生の お人柄にもイネイトの施術にも惹かれています。


昨日は 予定が急にぽっかり空いたので 思い立って福井市の

木村仁さん(イネイトの創始者)と山元加津子さんの講演会に

行って来ました。

満席の会場には N.Y.でも会った後藤さんや、ひろ子さんとひろ子さん!

ちかちゃん、かずまくんによっこちゃん、よりちゃんとパパも。

さくちゃんのブログに紹介されたオランダからきていらっしゃるニッキーさん。

かっこちゃんのお話にも、木村仁先生のお話にも脳幹の働きのことが繰り返し出ていたことが印象に残りました。

懇親会までご一緒しました。ありがとうございます。

春木先生は 指談のことを懇親会でみなさんに紹介くださり

かっこちゃんは 暮しの手帖の読者からのお便りで

自閉症の息子さんと筆談で14年前からお話できる様子が載っていると

指談の続きで そのページを読んでくれました。


会場にはお嬢さんが寝たきりだったり、ご家族に障害のある方や

介護のお仕事についている方もみえていました。


指談でなくても どこか一ヶ所が 動かせれば思いを伝えてもらえます。

娘が寝たきりですが左手が動かせるの、

指談の本も読んだよとお声をかけていただいて

あかさたなスキャンや筆談の要領をお伝えしました。


すわること(端座位)がとても大切なので 車椅子に乗れるように

移乗方法をお互いにたくさん練習しました。


別れ際に「今日は希望の光に出会えた」とおっしゃいました。


白雪姫プロジェクト、もっともっち知っていただきたいです。

  


Posted by まきの じゅんこ at 21:13Comments(0)白雪姫プロジェクト

2017年07月05日

別け隔てない関係

Eric Berneの交流分析について 教えられた時に

あ、指談で 会話が成立する瞬間と同じ、と感じました。


4つの立場をお互いに感じ合うワークをして、

あなたも素晴らしい、私も素晴らしい、という立場の時に

はっきりと何かが 伝わる実感がありました。




そうでない立場は対話が成立しません。


私は素晴らしいがあなたはだめだ、でも

あなたは素晴らしいが私はだめだ、でも

私もだめだ、あなたもだめだはもう問題外です。


言葉が出ない、反応ができないことで

あなたも素晴らしいとは思えないとしたら

その時点で対話は成立しないのですね。

一方通行になってしまう。


耳のまほうのステージに 中津川さんが登壇されて

響さんがステージに急に興味を示した時、

私はお互いのrespectする関係を見た氣がしました。


指談でもコミュニケーションでも そのことが大切。

そういう部分は目に見えないし計量化できませんが

私が大切に思うことです。

  


Posted by まきの じゅんこ at 19:25Comments(0)白雪姫プロジェクト

2017年06月29日

五 五 二十五





今年、11月26日(日)に東京で初上映予定の ハートオブミラクル配給、「蘇れ 生命の力」の真弓定夫先生の言葉です。

(この映画、関西は12月3日に初上映会かあります。各地でも12月3日から自主上映会があります)

五分 五日 二十五日で 「ごごにじゅうご」


呼吸は五分止まれば命にかかわります。


水は五日摂らないと命にかかわります。


食べ物は二十五日食べられないと命にかかわります。



生まれたばかりの赤ちゃんは三日分の水筒とお弁当を持って生まれる、そうお話されたのは お産の家の吉村先生。



お二人はおっしゃることも話ぶりも似ていらっしゃる氣がします。


人の持っている力はすごいなぁと思います。
  


Posted by まきの じゅんこ at 11:03Comments(0)白雪姫プロジェクト

2017年06月25日

さくやちゃん

さくやちゃん 指談でおしゃべりする勇者さん。

天使のような笑顔です。

ほっこり、にっこりの勉強会でした。


こちら

心臓の手術を3月にして

「だいじょうぶです」と言いたかったそうです。

膀胱に結石ができて 出るときに痛みがあるんですが

だいじょうぶって言ってくれます。

18トリソミーのとってもキュートな三歳児。

来月もよろしくお願いします。

  


Posted by まきの じゅんこ at 09:04Comments(0)白雪姫プロジェクト深い想い

2017年06月16日

奇跡のりんご


無農薬、無除草剤、無肥料の奇跡のりんご。

奇跡のりんごの木村秋則さんの提唱する、自然栽培。

木村式自然栽培は農薬も除草剤も使わず、無肥料の栽培です。

14日はNPO法人 大阪府木村式自然栽培実行委員会のミーティングでした。


岡山県にNPO法人 岡山県木村式自然栽培実行委員会があり、

大阪では 木村式自然栽培で育てられた岡山県のお米、お酒などを

賛助会員さんを募って販売することと自然栽培の広報をしています。


木村秋則さんのユニークな人生は 奇跡のりんごという書籍にも映画にもなっています。

実際にお会いすると 本当に魅力的な 常識にとらわれない信念の人です。


偶然、昨日のかっこちゃんのメルマガにも 奇跡のりんごの本のことが

太さんの日記として 紹介されています。

http://www.mag2.com/m/0001012961.html


祈りや思いやりのエネルギーは 届く、科学もそのことを認め始めました。

人はみんな深いところで繋がっている、白雪姫プロジェクトの思いと同じですね。
  


2017年06月14日

倉敷へ


倉敷へ 指談のお話をさせていただきに行きました。

口コミで集まっていただいたみなさんは 今すぐに指談を

必要とされている方はいらっしゃいませんでした。


主催の二宗さんの 息子さんとの指談の実体験を聞いていただいた後、

白雪姫プロジェクトは 平らかな関係でみんなが幸せになれることを

目指していること、かっこちゃんのこと、メルマガのことを紹介して

指談で出会えた勇者さんのこと、コミュニケーションの方法が

言葉や身ぶりのほかにも たくさんあることを お話させていただきました。


こうして倉敷でお話をさせていただくと まだまだ白雪姫プロジェクトも

コミュニケーションの可能性のことも 伝えていかなくちゃ、と思います。


スマホを私に手渡して「メルマガに登録してください」とおっしゃる方もあり、

久しぶりの登録手続きでしたが 携帯から

こちらのアドレス

a0001012961@mobile.mag2.com


空メールを送って 無事登録完了しました。

みんな違って素敵なのだということ、みんなが平らかな関係で幸せになれること、

毎朝届くメルマガ(無料)を 読んでくださると嬉しいです。

倉敷へはまた10/28 にお伺いする予定です。


セルフケアのクラスもできるといいなぁと思います。  


Posted by まきの じゅんこ at 17:12Comments(0)白雪姫プロジェクト深い想い