2017年10月11日

耳が動かせる!




8月に初めて会って指談でおしゃべりをさせていただいた、たくくんは22歳になりました。



先日、能の発表会での上京のタイミングに合わせて

たくくんの叔母さまのKさんも関西から同席されて

お話をさせていただきました。



前回はほとんど目をつむっていたたくくんですが

朝からぱっちり目を開けて待っていてくれました。



指談でお話をしてから 毎日泣くような表情が続いていること、

その理由やどういうことをして欲しいのかを尋ねたいというのが

おかあさんのご希望でした。



悲しくて泣くとか、辛いから泣くとかではないことが伝わりました。

(感情を)閉じ込めてきたけれど 閉じ込めなくていいとわかったから

閉じ込めてきたものを外に出してるだけ、と教えてくれました。


でも、泣き顔じゃない方が見ているご家族は安心ですね。

「最近、笑顔が見れないね。笑ってよ」という

おかあさんと叔母さまの声に たくくんの口角が上がったんです。

笑顔でぽいぽいってできたらいいですねぇ。

何故って、たくくんの笑顔は世界を幸せにしてくれるような笑顔。



そして右耳の炎症のケアのことでは 今、痛みはないことも

教えてもらいました。

それでこの時に右耳にみんなが注目していると 


動きました!


おかあさんが発見しました。


ハイ、というタイミングで、左耳は動きませんが 

右耳の上の方だけをくいっと動かすことができます。


すごいです。


内面からの思いをハイ、とイイエだけでも可視化できると

コミュニケーションがより、しやすくなります。


二度会っただけですがたくくんが今後に

どんな化学変化を見せてくれるのか、楽しみです。












  


Posted by まきの じゅんこ at 20:16Comments(0)白雪姫プロジェクト氣付き

2017年09月23日

筆談 逆バージョン




生活介護のお部屋にも伺いました。

ちょうどお昼前の時間でしたが バランスボールに座って

ずうっと跳ねている男性は手で叩いたり、足で壁を蹴ってしまうそうでした。


でも握手もしてくれて 手や足が出るのは暴れたいというよりも

なんだか赤ちゃんが顔を右に向けると手も反射で右にぶん!と動くのに

似ています。

しかも握手した手で指談をすると「手加減している」という思いも伝わります。


注目して!僕のこと見て!しっかり見て!というように

お部屋の中を私が移動するとバランスボールごと徐々に移動されるの。




私のことがとても氣になるけれどどうしたらいいか考えている様子のSさん。

文字も書けるとスタッフさんが教えてくれます。

何人かと指でおしゃべりした後で床に座って握手から指談。


カウンターの上にノートを置いて日付とAM、食事の準備、PM、休みと

ユニークな筆順でありながらしっかりと文字に変わっていく様子が

楽しかったです。


私に鉛筆を持って、と言って私の手をSさんが上から包むようにして

じゅんこさんとおはなししました。とSさんにリードされてノートに書きました。

これは新鮮な体験でした。


筆談の逆バージョンという感じ。


大きくて高いトーンでお友達が話す声が苦手なようです、とスタッフさんが言います。

いらいらしてしまう声は耳でなく、合氣道で「臍下の一点(せいかのいってん)」という、

お臍のずうっと下で聞くと思うとストレスになりません。


Sさんにそのことを伝えましたが使ってもらえたらいいなぁと思います。


  


Posted by まきの じゅんこ at 21:57Comments(0)氣付き出会い

2017年09月04日

マキさんに会いに



伊丹でダイアナさんの主催してくださる、指談・ことば教室や

山元加津子さんの講演会で 何度もお会いしているマキさん。


今年初めの講演会で会った後は なかなかあえず、

体調がすぐれないこともあったとお聞きしていました。

ダイアナさんとマキさんに会いにご自宅へお伺いしました。


お年頃のマキさんは ホルモンバランスなども関係するのでしょうか。

痛み止めの坐薬を使う日が多かったようです。


排卵痛や生理痛、鎮痛剤を使う前に

簡単にできるセルフケアも試して欲しいです。


昔、新聞のコラムでばってん・うーまんの会の記事、

自分の身体のリズムを知って 自分を守る知恵が載っていました。

オリモノのタイミングをノートに書いて 身体のリズムを知る、

そのことは新鮮な情報でした。

ミューカスと呼ぶ 透明のオリモノがあったら

腰回りの血行がよくなるように 膝を斜めの高く上げたり

ストレッチで準備します。


そして鍼灸師の先生から 婦人系の不調には 恥骨の上角に

鍼を打つとお聞きして、氣を送ることでも生理痛が和らぐことが

わかりました。


今も長崎でばってん・うーまんの会は続いているようです。

一度見たきりの新聞のコラムですが 自分の身体のメッセージを

知ることに繋がっていました。


ダイアナさんがウクレレを弾いてくれて

マキさんもCのコードを押さえたウクレレの弦をつま弾いて

とてもいい笑顔でした。

10/22にある、指談・ことば教室には元氣に来てくれるかな?









  


Posted by まきの じゅんこ at 10:56Comments(0)白雪姫プロジェクト氣の健康法から氣付き

2017年07月08日

今朝から



今年 初めての蝉の鳴き声。

まだ数も少なくて控えめに 蝉が鳴く。


夏の暑さが急に来て 参っている人が多い。


せっかくだから 汗を出せるように

冷房にすぐ頼るのじゃなくて。


風が 廻ると涼しくなるから。


これから 夏本番。



  


Posted by まきの じゅんこ at 21:06Comments(0)氣付き

2017年06月17日

いつかまた

青すぎるほど澄みきった青空。

もう6年前になる(!!)ブルガリアの空。

6月の旅は暑くて熱くて とても心に残っています。

またあの空を眺めてブルガリアの素朴な空氣の中で

時間を過ごしたくなりました。


願いは叶うから、きっと近い将来に 行けると思います。

今からちょっと楽しみにしています。


「諦めない」を こんなことにも発揮するのです。  


Posted by まきの じゅんこ at 04:12Comments(0)氣付き

2017年04月20日

やっぱり 合氣道で。

湯河原では前日から田口ランディさんのお友達、Satokoさんとご一緒できました。

うちのバッチャ、という 真面目な文体ながら抱腹絶倒の本を出している才媛なのです。


SatokoさんのFacebookから前日と当日の様子

心身統一合氣道のリラックスに指談のコツがあり、正しくやれば誰でもできることをSatokoさんも体感されました。

指が動く、動かないということではないのです。

湯河原の海岸で一緒に石を載せた時間も 指談があ、わかった!という感覚に似ていました。

  続きを読む


Posted by まきの じゅんこ at 06:53Comments(0)氣付き指談の講習会

2017年03月09日

まさかの土偶顔に

前日から手首や耳たぶが

ちょっと痒いかな?と思って

ビールや小麦粉を控えたのですが

朝起きたら 顔が土偶!

腫れて特にまぶたが凄くて

まさに土偶顔。

昨年の夏にも 漆に負けたように 顔が腫れて

内面的なストレスですねとお医者様に言われました。

ちょっとハードスケジュールだったかな。

愛媛にいくお約束をキャンセルしてもらいました。

ごめんなさい!

今日は目が 普段の半分くらい開いてます。
(昨日は一文字でした)

まさかの土偶顔、明日には治ると嬉しいです。  


Posted by まきの じゅんこ at 14:57Comments(0)氣付き

2017年01月27日

チームるね スタートアップ!


チャレンジャーるねちゃんとは2年ちょっと前に

山元加津子さんの講演会で 指談で会場に見えた方で

言葉のない方全員と指でおしゃべりをした時に会いました。


バギーに座って 端の列の後方にいたから

「こんな後ろにいたら 私には回ってきてもらえない」って

思っていたのですって。


先日、チームるねが スタートしました。

Facebookで チームるね 始めます、という投稿を見て

すぐにチーム入りをお願いしました。


午前中は大垣に指でおしゃべり会に行く日の午後に

スタートアップの集まりに合流させていただきました。

カフェぷらなの一室に チームるね応援団のみなさんと

一昨年12月に会ったことのある親子さんたちや

自閉症のお子さんとお母さんが集まってくれました。


指談のワークショップと読み取り、ブレインジムのクロスクロールも

体感していただきました。


こういう時には 寝ていることが多かった るねちゃんは

今日は しっかり起きていて チームの中心人物の役割を果たしました。


地域で繋がって支えて支えられて 笑顔が広がる発信を

チームるねからできるといいですね。


ニコニコみかんちゃんがFacebookでライブ配信してくれました。

大阪の白雪隊メンバーも ライブ配信を見て、タイムリーなリクエストを

くれ、ありがたいことでした。  


Posted by まきの じゅんこ at 14:10Comments(0)白雪姫プロジェクト氣付き出会い

2016年12月27日

「その後」の嬉しい報告です。

9月に静岡で 指でおしゃべりの会を開いていただきました。


台風が近づいていて 病院から出られない小さな人に会いに

初めて病院にも行かせてもらって お話を聞きました。


ひろやくんのママが 今月、静岡の病院に行ってその後のことを

ブログにアップしてくださって、嬉しい氣持ちで読みました。

こちら

足でお返事できる小さな人は多いのですよ。

コミュニケーションはスキルよりも こちらの心境が大事かなぁと思います。

  


2016年12月19日

田口ランディさんと



相模大野の相模女子大 マーガレットホールでの 「銀河の雫 はじまりはひとつ」の上映会。

主催の司恵子さんから スタッフしてくださる?とお声をかけていただいて当日だけのスタッフに。

前日に上京する予定をしたのは スタッフの集合時間に間に合うため、でした。


田口ランディさんは10月半ばから 有料のWebマガジンに 指談や 響さんのことも書いていて

19年言葉がなく、知的判定も難しいといわれてきた響さんが ご家族や支援の方と

指談、筆談で コミュニケーションしている様子を取材、発信してくださっています。


今回の上京で 熱海で途中下車し、ランディさんのお仕事場に伺って

指談のことやご自身の体験や私の体験など お話をする機会をいただきました。


心身統一合氣道との出会いのきっかけをお話して、指談の講習会では

心身統一合氣道の稽古法のメソッドも応用して伝えることで

指談ができるようになったご家族も多いことなどをお話しました。


ランディさんのWebマガジンの記事は 指談に別の光を当てていただく感じで

とてもありがたくて、お目にかかれるのを楽しみにしていました。


ランディさんと山元加津子さんとは ずうっと以前からメールやFAXで連絡をされていて

お互いに会いたいと思いながら会う機会がなかったそうです。

17日の上映会と山元加津子さんの講演にランディさんも行こうとされたのに

ホームページではすでに満席でした。


主催の司恵子さんに「どうしても お一人、お願いしたいの」って頼んで

相模大野で 山元加津子さんとランディさんが出会えたのでした。



  


Posted by まきの じゅんこ at 16:40Comments(2)氣付き出会い