2017年07月25日

伊丹で 指談・ことば教室

23日は 脇田さんが企画してくださる指談(ゆびだん)の講習会。

第七回指談・ことば教室でした。




チャレンジャーは久しぶりに会う、りょうくんとレギュラーメンバーの翔子さん。

参加いただいたみなさんは先日の耳のまほうのイベントに来てくださった方や、耳のまほうに来た方が誘ってご一緒に参加された方ばかりでした。

何より、耳のまほうの主催者のへんてこ書房のジョーさんも来てくださったのでした。

たまたまプロジェクターの調子が悪く、別のアプローチで講習会をしました。

合氣道の「心が身体を動かす」氣の原理を身体を使いながら体感していただきました。

翔子さんは筆談も日常で使っています。この日、名前の漢字を質問された翔子さんは初めて漢字で姓も名前もを書きました。
お名前だけを書くのだと思って見ていましたから姓から書き始めたのは意外でしたが、しっかりと書いていて素敵でした。

りょうくんにも筆談をしていただきました。

眼球が形成されなかったりょうくんも筆談ができることは嬉しいことでした。

最後はウクレレを雅子さんと脇田さんが楽しく弾いてくれました。

よく知っているメロディに楽しい歌詞が付けられていました。ウクレレ、いいですね。

そしてご縁が繋がって、終了後には海外にも指談(ゆびだん)のコミュニケーションを伝えたいからと 英語通訳を付けての指談(ゆびだん)の様子を加藤さんのご厚意で動画撮影チームに撮影をしていただきました。

指談(ゆびだん)の実際は翔子さんとりょうくんに協力してもらいました。

りょうくんはインタビュー後に晴れ晴れとした表情になっていました。

見守るおかあさんも嬉しそうでしたね。

翔子さんも大きく目を開けて指談(ゆびだん)でお話をしてくれました。
誇らしい表情が印象的でした。

通訳の矢野さんは 言葉の選び方にお人柄というか、優しさが伝わりました。

私は通訳できるわけではありませんが 横で聞いていて安心していられる言葉使いだったのです。

動画のアップが楽しみです。


  


Posted by まきの じゅんこ at 00:26Comments(0)指談の講習会

2017年07月20日

体感することで。


指談(ゆびだん)は知識だけあっても できるようになるのは 少し厳しいように思います。

体感してくださると一歩、できることに近づきます。感性を開く、というのは心の目と耳で聴く世界だから。


一度体感したら すべてがわかるとは言えませんが、体感することはこれまでになかった感覚の扉が開かれる瞬間ではないでしょうか。


山元 加津子さん、かっこちゃんの言う、信じる力も体感してこそ、より強く発揮されるのだと思います。


見えないものは左目で見て聞こえない音を右耳で聴く。


ランディさんが 耳のまほうの中でアイヌの方やネイティブアメリカンの考えを紹介されました。




7月23日(日)に伊丹で指談・ことば教室を開きます。

体感してくださると嬉しいです。


  


Posted by まきの じゅんこ at 05:05Comments(0)指談の講習会

2017年07月08日

かすかなゆらぎ


伊丹で7月23日(日)に指でおしゃべりの会があります。



指談でお話が伝わる時、
小さな小さな、かすかなゆらぎのこともあります。


お名前を呼んで 合っていますか?と聞いて

まったく別のお名前を言って反応を待ちます。


正しいお名前を呼んで反応を待ちます。


指先だけでなく、お顔、目、口許に変化がないか、

指先に 小さく小さく伝わってくるものを感じとります。


触れた指が手の平でピクッとしたり
曲げた膝を動かすかも知れません。


ぎゅっと握れるかも知れません。

反応を待つ、その時間さえもコミュニケーションです。


反応できないことと、伝わっていないことはまるで別のこと。

今がそのタイミングではないだけ。


意識障害のかたの病院の大部屋で家族から声をかけられている人とそうでない人の表情には大きな違いが感じられます。


まずは声をかけることから。
諦めないこと、白雪姫プロジェクトの思いです。  


Posted by まきの じゅんこ at 02:39Comments(0)指談の講習会

2017年06月25日

いたみホール内中ホール は 6階です。

もうすぐ 耳のまほう。

会場は 伊丹市にある いたみホール 内 中ホール




中ホールというのは 6階にあります。

エレベーターで 6階にいらしてくださいませ。


お申し込み 受付中です。

  


Posted by まきの じゅんこ at 22:56Comments(0)指談の講習会耳のまほう

2017年04月26日

ご縁が繋がって

伊丹で第六回の指談・言葉教室に

田口ランディさんからのご縁で繋がれた

ヘンテコ書房のジョーさんからのご紹介で

ST(言語聴覚士)さんも初参加されていました。




当日の様子をFacebookに投稿してくださいました。

指談は技術の前に「敬い」の氣持ち、と感じ取ってくださり

嬉しいです。

その記事をシェアさせてもらいますね。



こちら

専門職の方が指談を知って コミュニケーションの可能性を

広げてくださると嬉しいです。  


Posted by まきの じゅんこ at 21:03Comments(0)出会い指談の講習会

2017年04月25日

伊丹で 指談(ゆびだん)

脇田さんと伊丹で、指談(ゆびだん)の会を開いて2年目、第六回になります。

今年の1月に山元加津子さん講演会と ドキュメンタリー映画「銀河の雫」の上映をしたのも この指談・ことば教室の一年間のまとめ的なイベントでした。


今回は小さく産まれたRちゃんが おばあちゃまとママと三人で初参加されました。

ご家族で 指談(ゆびだん)を知っていただくことは ありがたいのです。

今日はやはりとても小さく産まれたちぃちゃんとママはちぃちゃんの手術入院で来られないけれど バーバラ(→おばぁちやま)とおばちゃまが先に指談(ゆびだん)のことを聞いてくる、と来てくださったのです。

この小さく産まれたお二人は同じ病院に入院していたことが自己紹介でわかり、繋がりにびっくりします。

湯河原の指談(ゆびだん)に行かれた方から様子を聞いて参加してくれた方もあり、縁脈はおもしろい驚きがありますね。

翔子ちゃんは毎回参加してくれます。ご家族や支援の方と指談や筆談でお話ができるようになって 会うたびにしなやかな成長ぶりにはっとします。

ゆりちゃんはおかあさんと来てくれました。

違いを感じ取るセンサーを開くことをメインに練習しました。  


Posted by まきの じゅんこ at 09:35Comments(0)指談の講習会指でおしゃべりの会

2017年04月20日

やっぱり 合氣道で。

湯河原では前日から田口ランディさんのお友達、Satokoさんとご一緒できました。

うちのバッチャ、という 真面目な文体ながら抱腹絶倒の本を出している才媛なのです。


SatokoさんのFacebookから前日と当日の様子

心身統一合氣道のリラックスに指談のコツがあり、正しくやれば誰でもできることをSatokoさんも体感されました。

指が動く、動かないということではないのです。

湯河原の海岸で一緒に石を載せた時間も 指談があ、わかった!という感覚に似ていました。

  続きを読む


Posted by まきの じゅんこ at 06:53Comments(0)氣付き指談の講習会

2017年04月19日

ももねちゃん



前日にスーパーでばったりランディさんに会って誘われ、生後二ヶ月の赤ちゃんがいるおかあさんを誘って講習会に来てくださった方もいらっしゃいました。

その赤ちゃん、ももねちゃんは安心しきった落ち着きで、おかあさんとの意志疎通ができるように見えました。

おかあさんはももねちゃんがお腹にいる時から 小さな大人、と思ってたくさん声をかけていたそうなんです。

その安心しきった感じや落ち着きに、赤ちゃんだから何もわかっていないということはないのだと氣付かせてもらいますね。

指談(ゆびだん)のリラックスや落ち着きのモデル役ができそうなのでした。

そして 講習会からお家に帰ると より意思表示がはっきりしたと感じるそうです。

指談(ゆびだん)の講習会は障がいがない人にも 役立つ、コミュニケーションの基本の講習会なんだなぁと思いました。  


Posted by まきの じゅんこ at 08:10Comments(0)指談の講習会指でおしゃべりの会

2017年04月17日

宮上幼稚園へ

田口ランディさんが 湯河原町の宮上(みやかみ)幼稚園で 二日間の指談(ゆびだん)の講習会と指でおしゃべりの会を企画してくださいました。

指談で開く言葉の扉(発行ろばの耳)をテキストに、小さな人との指談の様子のDVDを紹介して始まりました。

看護師さんや障害者の作業所にお勤めの方、言葉で会話をされないご家族がいらっしゃる方も参加してくださりほわん、と温かな講習会になりました。

コミュニケーションの方法には言葉の他にもあかさたなスキャンやレッツチャットなどの意思伝達装置、文字盤もあります。

指談は そのどれもが使えなくても対話のできる方法のひとつなんだと知っていただくこと、すぐに指談(ゆびだん)で対話ができなくても 「誰もが思いがあり、伝えたい」ということを知った人になってもらうことがこの日の目標です。

植物状態と言われても 会ってみて、声をかけると聞こえるし、理解もできていて、その思いを表出ができない状態なのだと実感します。

閉じ込められ鍵をかけられた状態、ロックトインシンドロームから 声をかけられるだけでも解放されます。

反応できなくても声かけをして欲しい、仲間外れにしないことも大切です。

素敵な幼稚園、満開の桜も散りそめで待っててくれました。
青森やご遠方からも来て下さってありがたかったです。  


Posted by まきの じゅんこ at 11:22Comments(0)指談の講習会指でおしゃべりの会

2017年03月16日

指でおしゃべり会 甲府


名古屋で CDKL5遺伝子の異常と診断されたお子さんたちの

全国ミーティング、らぶはんずに 呼んでいただいて 指談のことを

お話したのは 昨年の11月でした。その時の様子こちら☆


ももちゃんのママが お住まいの地域でも 指談を伝えて欲しいと

ご連絡をいただき、19日(日)13:30〜 甲府で 指でおしゃべり会を

企画してくださいました。

このご縁も 神戸のひろやくんからのもの。

知っていただくこと、医療に従事されているみなさんや

療育のスタッフさん、勇者さんを支える方々に誰もが思いがあると知って欲しいです。

そして おしゃべりをしていると可愛い笑顔と表情の変化が

いつも心に温かく響きます。


大阪から甲府へは 新幹線で静岡から乗り換えて特急で行くこともできます。

きらきらの魂の勇者さんとそのご家族に コミュニケーションの

可能性をしっかりお伝えしたいです。

富士山も見えるかなぁ、という密かな楽しみもあります。

昨年、大月に伺って河口湖まで お伺いしたのを思い出します。

  


Posted by まきの じゅんこ at 21:44Comments(0)白雪姫プロジェクト深い想い指談の講習会