2015年11月12日

アイデアニュースで

先月末に アイデアニュースで北大阪の白雪隊の練習会も取材していただいて

今日、アイデアニュースに「指談で開く言葉の扉」の冊子をを紹介していただきました。

http://ideanews.jp/archives/11961

みどりさんの文章は 丁寧にわかりやすく 指談のことも伝えてくださって

いつも、憧れてしまう文章です。


冊子はお蔭さまで たくさんの方に読んでいただいて、

もっとこういうふうにしたらいいのでは?というご意見もいただきます。

ありがたいなぁと、思います。






   


Posted by まきの じゅんこ at 21:19Comments(0)白雪姫プロジェクト指談の冊子

2015年11月05日

美濃太田11月4日 (1)


朝の富士山

10月に大阪でかっこちゃんの力の要らない介護法の講習会に

まゆみちゃんと出会ったFさんも 弟さんのリハビリや介護で

その知識を役立てようと参加してくれました。


弟さんは1年8ヶ月前に 交通事故で入院されています。

声でお話ができません。左手の指で握るように少し動きます。

一度、病院に尋ねてもらいたいとお話がありました。

弟さんの病院が美濃太田駅が最寄りだと伺って 「指談あい」の

みなさんのお顔が思い浮かびました。


Fさんのお仕事のシフトが出る月末に行く日の相談をしました。

4日ならば予定が合うことがわかり、私は東京から戻る途中に

名古屋から乗換えて美濃太田に行くことにしました。


2日に 指談の冊子をお送りした美濃加茂市のMitueさんから

冊子が届いていたことの連絡がありました。

来月20日には山元加津子さんとAKIRAさんのライブが美濃加茂市であり、

私も美濃加茂にご縁をいただいてちょうど一年になるので「参加します」と伝えて

「実は二日後にも医療センターに指談で伺うんです、ご縁がありますね」と

伝えました。

すると、会いたいね、と言ってもらえて、一緒に病院に行っても大丈夫か、

指談に美濃加茂市の指談あいからも同席させていただけるかをFさんに聞くと

Fさんは病院から遠いところにお住まいなので 美濃加茂市の指談 あいと

繋がれたら、弟さんも刺激を受けてよいと考えて、承諾してくださいました。


ご縁が繋がるのは不思議な感じです。

Mitueさんはその医療センターができてすぐに 介助応援に行っていたんだそうです。



弟さんとの指談は車いすで外の木陰でさせていただきました。

大きな表情の変化はなかった弟さんがMitueさんの「お酒飲めるようになりましょう」の

一言に大きく表情を変えて反応されました。お酒は大好きだそうです。


これから、時々面会に来てもいいですか?の質問には〇を書いてくれました。

指談あいのみなさんも一人ずつ、指談でまた来てもいいか、お返事をもらっていました。


病室であったばかりの時と指談後の表情には 変化がありました。

大阪白雪隊のFさんと指談あいの繋がりはみんなによかったのでしょう。

これからあちこちで こういうふうに繋がることが起きていくように思えました。













  


2015年10月29日

11月29日 豊橋に行きます。

かっこちゃんの応援をずうっとしてくださっている久美さんが

豊橋で ご家族や支援の方が指談や筆談でお話ができるように

講習会を計画してくださいました。


白雪姫プロジェクトin豊橋
第3回指談練習会
のご案内です

☆日時 11月29日(日)
13時半~15時半
☆場所 牟呂地域福祉センター 2階 会議室
(豊橋市牟呂町字内田22-2
TEL0532-31-8885)
☆講師 大阪白雪隊 牧野順子さん
☆定員 40名
☆会費 一般 1000円
小中学生・障がいのある方 500円
☆主催 かっこちゃんの魔法にかかる会
☆申し込み 野口久美kirara93chan☆softbank.ne.jp (☆のマークを@に変えてくださいね。)
TEL09084585533
(電話は21時以降にお願いします)

★いつもと場所が違うので、ご注意下さい
駐車場はありますが、できるだけ乗り合わせてお越しください
★今回は、みなさんに実際に指談の練習をして頂く予定です
★障がいのある方の、言葉の読み取りには十分な時間が取れないかもしれません
★第4回 指談練習会は3月27日にいつものあいトピアの予定です


指談の冊子ができたので 講習会ではこれを基本にしてお伝えできます。
(資料は冊子と別に準備していただきます。)

久美さんは指談の冊子も小林さんにお願いされてたくさん取り寄せてくださいました。
(予習用でもありますし、当日も販売してくださるそうです。)

必要な方に届くように精一杯、お伝えします。

指でおしゃべりができることを知っていただきみんなが使って欲しいです。
  


Posted by まきの じゅんこ at 11:18Comments(0)白雪姫プロジェクト指談の講習会指談の冊子

2015年10月27日

いろいろ進化中

指談の講習会や 指談の体験会の時に みんなで体験していただくワークが

いくつかあります。

ひとつは 「指談で開く言葉の扉」にも載せていますが 二人で向かい合って

手のひらをそっと触れて どちらか、リードする方が 〇や△に勝手に動かします。

リラックスしていると 考えなくても軽くするするとついていけます。

りきみがあったり、ネガティブな心に切り替えた途端についていけないか、

できてもギクシャクします。

そして必ずいいパターンをもう一度してから交代します。

誰もが感じるセンサーがあり、心の目と耳で感じられるんだ、ということを

こんなワークからも体験できると思っています。(合氣道のエッセンスなんです)


今回の冊子には書いていませんが 私と同時に手を挙げるワークもします。

目で見て、私の手が動きだしてから上げるのでは一呼吸遅れてしまうのです。

脳幹で感じるというのは「心の目と耳を澄ますこと」なので見えないけれど

何か感じたら上げる、というのをやっていただくと同時に上げられるんですね。


このワークをするたびに誰もがこのセンサーを持っていると思いますし、

脳幹を活発にする感覚とこの瞬間を感じる感覚はとても似ていると思います。


このワークは「 直感的に指談ができるようになるためによいのでは?」と思って

練習にとりいれていたのですが、かっこちゃんの考える指談のしくみと併せて、

心の目と耳をすますことで感じられるのは脳幹を活発にすることで感じられる、

という説明とがすとんと腑に落ちました。

まだ、指談に出会って1年と11ヶ月未満ですから、氣付いたら工夫して

必要な方に届くようにと 願っています。


指談の冊子はたくさんの方に読んでいただけて、嬉しいです。

ご自分用だけでなく渡したい人がいるからね、と言って複数冊のお申込みも

いただきます。冊子代が 1冊@500ですが10冊以上は@400になります。

送料は1冊でも180円かかりますが2冊では300円に。

そしてレターパックを使えるので送料は10冊までが360円

20冊から30冊までが510円と割安になっていきます。

メッセージをいただければ 1冊からお送りさせていただきます。


読んでいただいて ご意見・質問・感想(辛口も歓迎です)もどうぞお寄せくださいませ。














  


2015年10月20日

指談の冊子ができました。



指談の冊子「指談で開く言葉の扉」ができあがりました。

わたしの考える指談のしくみ…山元加津子 / 指談の実際 まきのじゅんこ

1冊500円、10冊以上だと一冊400円になります。(送料実費)
※メッセージをいただけば 私からもお届けできます。

もしくは小林さんまでお申し込みください。
また、かっこちゃんの講演会などでも販売しています。

今回は、見ながらも指談の練習をすることができるように、
そして、必要な方に年配の方が多いとのお声もあって、
本も、文字も大きくて読みやすくなっています。

指の支え方のヒントに、とカラー写真をいくつか載せています。

どうぞよろしくお願いいたします。

山元加津子事務局 小林正樹
〒437-0013 静岡県袋井市新屋2-3-30 (株)ケイシーシー経営研究所内
TEL:0538-42-9051 FAX:0538-42-9968 e-mail symphony@mbe.nifty.com  


Posted by まきの じゅんこ at 01:12Comments(0)白雪姫プロジェクト指談の冊子