2015年02月15日

これまでに




沈丁花の蕾が 膨らんできました。


これまでに 出会って お話させていただいた方で

表情の変化や 動きがない方との指談では

ご本人の思いなのか、不安に思うこともありました。



でも、障害があって言葉のないお子さんとの指談の機会には 

感じ取った思いを私が声にした瞬間に 笑顔になったり

中途障害の方で 言葉は出せないけれど 表情を出せる方の指先から

「どうして」という思いを 感じたままに「どうして」と声にした途端に

おぉーっ!という驚きの表情をされて

「どうしてわかるの?」と指談でおっしゃったり、

感じ取ったままの言葉で大きく間違っていないことを 頷きで教えてもらえます。



そして いつも「これであっていますか?」と 区切りごとに お聞きします。

〇と/で教えてもらえるからです。


大切なのは どなたにも思いがある、と知っていること。

そして指談は ご本人のスキルアップを待たずに 

感じ取るこちらのセンサーをonにできれば 会話が始められるものです。



表情も 動かせるところもないから 何もわかっていない、とか

「もし動いても 反射です」、という壁や ありえない、という壁がありますが

その壁が消えるまで 指談を伝えていきます



西日本体当たり白雪姫のFacebookページはこちらです。