2015年03月06日

家族でできるケア

ちょうど尼崎で「僕のうしろに道はできる」上映と 

優さん(守本早智子さん)の指談講習会が開かれる直前に

指談についてお問い合わせのメールをいただきました。


講習会にお誘いして、当日に会場でお目にかかれました。





そして、ご家族が揃ってくださる日を調整していただき、病室にお伺いしました。

とても穏やかな様子でベッドにいらっしゃって丁寧に大切に介護されてきたことが伝わります。

耳元にはお嬢さんが小かった時の雛祭りの歌が可愛らしい歌声で流されていました。


踵を見せていただくと踵の柔らかさも十分で肌もきれいです。

次男さん担当だそうですが足首のマッサージやストレッチを

これまで丁寧にたくさんされてきたことがわかる踵です。


かっこちゃんに教えてもらった尖足予防のストレッチの

膝を曲げていただいてする方法をお伝えしました。

看護師さんが処置をされる間は ご家族に皮膚を軽く ふるふるとする

身体をゆるめられる方法を体験していただきました。

ご家族の元氣が よい看護につながるでしょうから。


反応ができなくてもわかっている、と信じての声掛け、足首のストレッチ、

アロマオイルなどのご家族でできるケアは後々の回復に大きな力になります。