2015年05月06日

僕のうしろに道はできる



ムック本・僕のうしろに道はできる(三五館 ISBN978-4-88320-575-2)

には たくさんの情報が詰まっています。


映画にもそのシーンがあったのですが 改めて読むとまた、心に響きます。


紙屋克子先生の「意識障害の方も『立って歩く』ということを目標にしています。

意識障害の人が立って歩くという目標を話すと、看護師たちからも、

『とんでもないことを考える人だ』と言われるのですけれど、

私にとっては、普通の健康な人になってもらう、というだけの話です。

どうしてこの方を『立たせよう』と思わないのですか?

なぜ、この人に『歩いてもらおう』と考えないのですか?

立ってもいいでしょう、歩いていいでしょう?と若い看護師のみなさんに

話しています。」



指談でも 「私たちは決してあなたの未来をあきらめていない」という思いで

お話をさせていただきます。


それは宮ぷーからもこれまでに出会った勇者のみなさんからも教えられたこと。

未熟ですが目標は高く、あきらめない心で関わりあいたいと思います。