2015年05月09日

お蔭さまで



まゆみちゃんのご主人の手術は 少し長引いたそうですが

無事に終わったそうです。ひと安心です。

感染症を起こすことなく、順調に回復されるようにと祈っています。


この季節に 南天の花がもう、つぼみを付けています。

冬の赤い実が印象的ですが その準備は初夏から始まるのですね。



昨夜は 大阪市のピースクラブで 春さんのお話をみなさんに伝える会でした。

たくさんの春さんのお友達、お仲間の前で車椅子の春さんが

ご自身の思いを指談で指先に書かれるのを声に変えてお伝えしました。

春さんの傍には姫野さんもいてくださるので一緒にお話を伝えました。

前回お目にかかった時よりも表情が引き締まっていて

新しいビジョンの提案もありました。


春さんは炊き出しの仲間に思いを伝えられてよかったと指に書いて

くださいました。

大きな力を出せる人だけでなく、小さな力の人も大切な働きなので

和を大事にして続けて欲しいと書きました。

繋がりが大きな力になる、誰かが上から変えようとするのではなく

草の根のように普通の人の繋がりで大きな変化を作れると書いて

そのことをピースクラブに来てくれたみんなに伝えられてよかったと。


指談で話をされるようになって、噛みしめてしまっていた歯ブラシを

春さんが噛みしめなくなったのだそうです。

不随意の噛みしめる動きがなくなって歯ブラシが長持ちしていますと

姫野さんが教えてくれました。



そして姫野さんが 指談講習会で言葉もすぐに感じられた理由の一つに

姫野さんが合氣道を稽古されていることも関係があるかも知れないと

思いました。偶然かもしれませんけれどね。

見えないけれどある、『氣』を感じる稽古と指談で言葉がが伝わることに

何か関連があるのなら 誰にもその力があるということです。


正しくやれば誰もがその日から正しくできるのが合氣道です。

そして頭でなく身体に入るまで行なう中で修めていくことが行修。

わかるだけでなく、できるところまで繰り返し稽古します。

潜在意識まで変わることが氣の学びの道です。








  


Posted by まきの じゅんこ at 07:40Comments(0)白雪姫プロジェクト氣の合氣道と 指談