2015年05月20日

画伯とも指談



作品がフランス・パリの美術館で展示されるなど

高い評価を受けている画伯Nさんともお話をさせていただきました。


ご挨拶をして椅子に座っていただいて指談のことをお話します。

嫌ではないけれど 積極的でもない、そんな様子ですが指先に

「僕は言葉の要らない世界で言葉でなくても通じ合える仲間とだけ

氣持ちを通じ合えているから、言葉で話すことはないんです。」

と、書いてから「こういうやり方で伝えられるのは知らなかった」と

思いが声になっていくことを面白がるようにそのまま言葉を

次々に書いてくださいました。


画伯には楽譜を描いているような作品があります。

クラシック音楽が好きなんですか?とお尋ねすると

「バッハ!バッハがいいね。」と指談で書きました。

スタッフさんがモーツアルトは?と尋ねると

「バッハです、バッハ!なんと言ってもバッハ。」ときっぱり。


「ハグをすると一瞬で情報の交換ができるんだ」と教えてもらいました。

「あまり秘密をしゃべってはいけないからこれで終了」、と書いて

画伯とのおしゃべりは終わりました。