2015年05月31日

数字の世界に。



こどもデイやあおぞらベジィの代表、佐伯さんのおこさんは三つ子ちゃんです。

生まれるときに酸素が欠乏し、三人ともに脳性麻痺の障害が残りました。

ご両親は三つ子ちゃんが 赤ちゃんだったころから地域の方のご協力も

お願いして地域ぐるみの子育てをされてきました。

そしてこんな福祉施設があればいいな、こんな授産所があったらいいな、という

ご自身の想いと三つ子ちゃんの成長に合わせて事業所を作ってきたそうです。


この日は長男のK君だけが こどもデイに来ました。

先月会えた妹のSちゃんはとてもよくおしゃべりをする活発なお嬢さん。

「K君と話したい!」と真剣な表情で言っていました。


K君は短い音で「ケッ」と,「コッ」でYes、Noという意思表示ができます。

おやつを食べ終わったK君にご挨拶をして お話を聞いてもいいですか?

と 車椅子に座っているご本人の氣もちを聞きます。

両手を動かせるので 私の指をK君に握ってもらう方法で指談です。

「おかあさんがきたら はなそうかな?」と指先に書きました。


〇と/と数字の練習をして、おかあさんを待つことにしたのですが

とてもはやいスピードで次々に自分から数字を書くことに驚きました。

こんなスピードで 数字をずっと続けて書いたのはK君が初めてでした。


おかあさんと一緒に〇と/を読み取ることを練習させていただきました。

読み取った言葉が合っているかどうかを 声でも教えてくれるのです。

そして ハイ、とイイエをとっても大きく空中に書けることがわかりました。

おかあさんとこれから筆談につなげて練習をしてもらうことにしました。

指談でお話を聞いていると K君は 泣き声のような声がでます。

指談で話すことが嫌だから声が出ているの?と聞くと/(違う)。

もっとお話をしたいですか?と聞くと〇でした。


おかあさんはK君がなんだかぼうっとしている時があることを心配されて

その時はどんな状態か教えてもらうと数字の世界にいると話してくれました。

順番通りじゃない数字の並びには情報があるんだよ、そのことを考えると

宇宙とつながる感じがするから、と教えてもらいました。

しんどさから ぼうっとしてしまうのか、心配だったおかあさんも笑顔になりました。

そして最後は「きょうはどうもありがとうございました。おわります。」と書いて

パソコンでアニメソングの画面を食い入るように見ていました。