2015年07月17日

石井先生


先月、お目にかかった石井先生は 腰痛があるとおっしゃいました。

氣の健康法では「背骨と背骨の間をふわっとする」と意識すると

「心が身体を動かす」氣の原理で実際に骨の間がギュッとして

神経を触ってしまうことがなくなるだけで痛みが消えることがあって

石井先生にもふわっとイメージをしてもらったのでした。

そうすると身体はリラックスして強い姿勢になっています。


今月、お目にかかると 腰が治ったよ、と教えてくださいました。

正しくは「ご自分で治してしまった」ということなんです。

姿勢の質を変えたことで 腰痛が消えて嬉しい再会でした。

魔女活、本当はご自身が自己治癒力スイッチを入れているんです。




  


2015年07月17日

重さが変わる!


松山では午前中にこどもデイのスタッフさんのボディケアと

合氣道からの身体の使い方をお話して体験いただきました。

姿勢の質が変わると同じ動作でも 重さが変わることを実感してもらいました。

腕は小指側を意識できると ハンドルを持つ手が身体を守る強いフレームを

保つことができます。

指談の練習よりは 身体のセルフケアを知りたい!という時間でした。


美味しいお弁当をご一緒してから みなさんは送迎に出かけます。

午後からこどもたちがやってきます。


5月に会ったT君は 覚えてくれていて走り寄って抱き付いてきました。

お話したこと、覚えてるよと指談で教えてくれました。

元氣だったよ、でも一回失敗しちゃった、と教えてくれます。


今回初めて会う、たい君は声を出すこと、言葉がありません。

突然夕立のように雨が降り出すと窓際で寝そべるようにして

雨を眺めています。

一緒に並んで見ていると抱っこができてお話をさせてくれました。

赤ちゃんの時にお母さんが誰かにとても怒られたことがあるそうで

僕が泣いたからだという思い込みがある感じでした。


スタッフさんが たい君は泣く時も声を出さないんですと教えてくれました。


お母さんを怒った人は ご自分のことが腹立たしかったんだろうね。

たい君の泣くことや声を出すことを怒っていないんだと思うよ。

声をだしてもいいんだよとお話しました。


ぱ・た・か・ら というのは 言いにくい音なのですが

ぱっ!ぱっ!ぱ!と私が言って 声をだせる?と顔を見ていると

ぱ。一回だけ言えました。

あ~、あ~って言ってみて。 

寝ころんだ姿勢で口を大きく開けて舌を動かして あ~と言いました。

お話したいことがたくさんあるでしょうね。