2015年07月26日

石川県へ  (4)


宮ぷーにも久しぶりに会いたくて、かおりちゃんのご厚意で一泊させていただきました。

(初日は午後から夜にかけての指談だったので会う時間がありませんでした。)


二日目は 雨の朝でした。穏やかで明るいのに本降りでした。

念願の白山比咩神社に案内していただいて浄化の雨だなぁと思いました。

朝一番で参拝したので表参道からの道は 素敵でした。


まこちゃんも白山比咩神社にきて合流してくれました。

「参道の入り口前のお店は ぼた餅がとても美味しいんだよ」、と ここで休憩。

無農薬の新鮮な野菜がたくさん並んでいてミニトマトを買っちゃった。

お昼はかっこちゃんも合流、かおりちゃんはセミナーに行くのでここでお別れです。

この頃には雨があがっていました。



午後は脳性麻痺の男性と指談です。かっこちゃんとまこちゃんと3人で伺いました。


お父さんと男性スタッフさんが指談の時間を取ってくださいましたが 約1時間後、時間切れに。

指談でのお話も筆談もできたので スタッフさんやお父さんともお話をして欲しいと思いましたが

言葉の理解があることや、言葉で思いを伝えられることが信じられないご様子でした。

私はご本人の笑顔が何よりもありがたかったです。


かっこちゃんはメルマガでも 「指談を信じる、信じないはご家族に決めていただけばいい。

指談の不思議なことについては包み隠さずお話したらいい。そして、その後のことも。

そしてその上でご家族が選ばれればいい。大切なのはみんながうれしいということ。

幸せかどうかだということ。」というふうに書いています。

これから ご家族にはそういう風にお話していこうと思います。


宮ぷーのお家に移動する前に まこちゃんは予約の鰻を受け取りに。

炭火で焼いているおじさんに私はついついインタビューしてしまいました。

「鰻(魚)は斜めに切るといいんだよ、勢いがでる。直角に切ると箸で持つと崩れる・・・」と

お仕事をしながら 色々教えてくださいました。


宮ぷーのお家に向かっていると かっこちゃんが突然、「この近くに100均のお店ある?」と聞き、

まこちゃんが 「ちょうどここを曲がるとあるよ、どうしてここでそう言うの?」と聞き返すの。(笑)

その100均で舌のリハビリ用の手袋がどんなのがいいか、かっこちゃんに聞いて買えました。


宮ぷーが帰ってくるとまこちゃんとかっこちゃんが 次々にリハビリのメニューを進めていきます。

ひととおり済むと夕食の注入。とびひのケア。(オリーブのクリームは効果大のようです。)

かおりちゃんもセミナー終了後に来てくれました。

宮ぷーがパジャマに着替えて少しすると イネイトの春木先生がいらっしゃいました。

初めてお目にかかる春木先生は穏やかな優しい声で 「さまたげない・ゼロである状態がいいことがわかりました」と

お話をしてくださいました。氣の施術にも通じる興味深いお話でした。

ふんわりして リラックスできる時間を宮ぷーだけでなく私たちも一緒に共有させてもらいました。


帰りは最終のサンダーバートになりましたが乗り継ぎも順調で その日のうちに帰宅できました。