2015年07月31日

ユニークという視点


みんな違ってみんないい、ひとりひとりが尊いいのちを生きています。

コミュニケーションの方法が 言葉ではなく、ユニークなだけという視点で

向き合うと 言葉以外にもたくさんの情報が 読み取れたり感じとれたり。


違いを認めて調和する、私たちのすべての細胞たちがそうやっていることを

稲葉俊郎先生がお医者様の立場からお話ししてくださっています。


先日、指談でお話をしてくれたYくん、積み木をポーンと投げてしまって

誰かに当たると痛いし、ご両親は困ったなぁと思っていらっしゃったのですが

それはなぜ投げるの?と聞いたら 床に当たると音がして空氣のつぶが光ると

教えてくれました。


向こうに投げずに まっすぐ下へ置くようにできる?とお話をしました。

その日から なげる方向を変えようとするYくんでした。

すごいね、急にこれまでとは違うことを 試みる勇氣、チャレンジャーです。


辞めなさい!ではなくて もっとこうする方法もあるよね、と相談するように

指談の時には なぜそうするのか、ご本人の想いを聴くことを心がけています。