2015年08月02日

4% と 96%





枚岡神社で 舞の奉納と中東宮司さんと 稲葉俊郎さんの対談がありました。

宮司さんのお立場からと 医学の現場にいらっしゃりながら 日本の神話にも詳しい

稲葉俊郎さんとの対話は 指談で私が感じることにも繋がっていて不思議です。


神道は神代の頃からのやり方がそのまま残っていて、今が最先端なんです、宮司さん。

今、抱えている身体の状態を 神話との対比で読み解くことができるのではないか?と
稲葉先生。

最先端医療の場にいらっしゃりながら 宇宙や自然と繋がることを大切にされている。


見えないものもある、というのはお二人ともに共通の認識です。

根拠は 見ることができるものは 実は存在の4%ほど、ということ。

残りの96%は目には見えない、けれども確かに存在するもの。

感謝や祈りや思いやりは目に目ないけれど 大切だと 家庭でずうっと

伝えられてきたことです。

いま、それが お金や物質が優先というふうになってしまった。

どちらも バランスが取れていることがいい。


そして神代の頃は 言葉はなくても通じていた時代、と宮司さん。

だとしたら、指談ができるのは最先端のようで 古の知恵を思い出すこと。

誰もが DNAの記憶として持っているもの、そんなお話でもっとお聞きしたくなる、

心がわくわくする対談でした。