2015年08月16日

イヤイヤ = うんうん?



ゆみちゃんのご主人とも二度目の指談です。

今回はビデオも準備して質問のリストも用意されています。


Fさんのお母さんと同じ病棟にいらっしゃるので お互いに

お見舞いに行かれたり 指談で〇と✖の練習を一緒にされています。

これがお互いに心の支えになっているんですね。


指談もわかるようになってきていて、でもね、確率は半々かしら?

とおっしゃったのですが その訳がわかりました。


ご主人ははい、で〇を指談で書きます。

それよりも強く、そう!そう!と思う時に 頭が左右に大きく何度も

まるで イヤイヤ!とするように動いてしまうのです。


うん!そうそう!って思ってくださいと声をかけると 

見事に左右に首を強く振るんです。

指では〇なのに 首の動きは イイエ!と言うようにみえるから

指談で聞く答えと首の動きにズレがあるというか、逆に見えるの。


五島列島でも 久美ちゃんのご主人は頷けるのですが

うん、うん、と言うのと 首でイヤイヤとするのが 

どれもご本人的にはイエス!だったのです。


久美ちゃんが それでいろいろの辻褄が合いますと教えてくれました。


これまでの常識を ちょっと手放すのも コミュニケーションのコツなんですね。






  


2015年08月16日

杜が好き。

石川県へ 来ています。

サンダーバードに乗ると京都から二時間で小松に着きます。
駅のすぐ横にこまつの杜があってとっても大きなコマツのダンプカーが
見られるって 初めて知ったのです。

宮ぷーのお家で ゆみちゃんとFさんと待ち合わせて 病院へ。

Fさんのお母さんとのお話は 行ってみたいところを教えていただいたり

ご自宅の庭の木々の剪定のことなど、ご希望をお伺いしました。

ドライブで行くなら海よりも杜が好きとおっしゃいます。

漁師町で育った方なので 海はもういい、って思ってらっしゃるのかも。


車椅子への移譲の時に 左手を椅子の手すりに置くのは怖がってではなく、

ご自分で態勢をつくっておられることもわかりました。

前回、筆談ができるとわかって ホワイトボードを用意しておられ、

Fさんとやってみると ◯もXも ご自分のお名前も書くことができました。

ホワイトボードがちょうど 車椅子の手すりに置けるような大きさで

ボードを支えずに介助ができることも嬉しい発見でした。