2015年08月29日

画廊 飛鳥で 白雪隊


奈良の画廊 飛鳥の龍ちゃんが 画廊のスペースを開放してくれて

介助方法の練習会をされています。

私の家からは 少し遠くて 夜の練習会には初めての参加でした。

YasuのBlogの Yasuさんが支部長なのです。


指談は ご本人の思いを 伝えてもらうたくさんの方法の中のひとつ。

文字が伝わらなくても 非言語のコミュニケーションがあることを

感じ合えたらいいかなぁと思ってそのお話もしました。


「木偏に 寸で なんという漢字になりますか?

手のひらやノートに書かずに 頭で組み立ててください。」


書いてみると 村。

簡単な漢字ですが 頭だけで組み立てようとすると難しい。


脳は こういうインプットに慣れていないと認識できないんですね。

では、木偏に 市では?

一旦、 村が わかってからは 書かずに組み立てられる方が増えて

柿、とわかりました。

こんな体感も 指談のおしゃべりに関連しているかも知れません。

いくつかの合氣道のエッセンスからのワークをして 指談です。


Yasuさんの手を両側からお二人に持ってもらって同時に指談。

初めての方々でも◯、✔︎、数字が伝わりました。


Yasuさんの2の数字は特徴があります。

奥さまが 「そういえば その特徴のある2を書いていました」と

教えてくださいました。


じゃあ筆談もしましょう! Yasuさん いいですか?と聞いたら

「また俺かよぉ〜(笑)」と伝わってきました。

左手で筆談

◯、✔︎、数字、ひらがなも 書けるんや!

筆談も 手を添えるとできることがわかって Yasuさん、にこにこ!でした。