2015年09月13日

辛いことも意味が



指談にであって 最初はできないと思っていたのに

毎日、毎日、指談でお話したいと 練習していたら

言葉がわかるようになって そこから離れても

わかったり 違う人の声が聞こえたりする、と言って

怖いくて辛いと思っている、というお友達がいます。


数年前、心が弱くなった時に 病院でお薬を処方されて

だんだんに薬を減らしてきた、そのタイミングで 指談と

出会って 毎日、毎日、長時間 やってしまったんだそうです。


せっかく数年かけて減らせたお薬が病院に行くと増えないか、

もしかして一生飲み続けないといけないのじゃないか?と

次々に不安や怖さが湧いてしまうという電話でした。


お友達は かかりつけの病院で 今の状態を相談。

お医者様は「神経が疲れきっちゃってるよー、

お薬出すからしっかり寝なさい」と言われたそうです。


「ぐっすり眠って目覚めたら 元氣になるって

まるで白雪姫だね、なにか役割があるのかな?」って

言えるように病院の後は落ち着いていました。

もっと早く(相談に)病院に行けばよかった、とも。


このお友達が辛い目に遭っていることを教えてくれて

最初はあまりに必死に長時間やりすぎないこと、

お薬を飲んでいる方は より慎重に ゆったりと

少しずつやっていただくことも伝えようと思います。


グランディング、という言葉がありますが

地に足がついていて 落ち着いた状態になっていること。

グランディングができていることは指談でも大切と

教えてもらえたんだと思います。


指談がコミュニケーションスキルというだけでなく、

誰にとっても安心安全の大切なツールであるために

大切なことを 辛さの中から伝えてもらえました。







ー