2015年09月20日

俯瞰して。


何度か 指談の講習や読み取りで読んでいただく福祉施設で

今回は鍼のY先生が往診の日でした。

身体の声を聴いて鍼は 一本だけ打ち、しばらく置くだけなんだそうです。


朝方、発作があったというMさんと私は何度も指談でおしゃべりをしています。


Y先生は 指談でMさんに聞いてみて欲しいと言われ、

午後の時点の体調や発作の前になにか自覚症状があるのか?

それはどんなふうに感じたのか、指談で答えをもらいました。


Y先生はその後で脈診や触診でMさんの身体の声を聴いて

「とてもよくわかります」とおっしゃいました。


そして身体の声を言葉ではなく、多くの情報を受け取っていること、

身体の声を聴く時は 俯瞰する感じです、とも教えてくださいました。


指談のときも 集中はするのですが 執着しない、

そういう感じは俯瞰するということでしょうね。