2015年09月25日

パイオニアたちのUSJ


伊丹ホールの 「大地の花咲き」初上映会の翌日は

ユニバーサルスタジオジャパンに8:00amに集合。


車椅子の宮ぷー、れのあさん、りょうくんの3人に

ストレッチャーのたけちゃんも一緒で家族とお供も入れると

総勢22人で秋の大型連休の真ん中、超!混雑もなんのその、

ハロウィン真っ盛りのUSJの一日を楽しみました。


全部のゲートが通常より30分も早く開いたのですが

中に入るまでに90分かかりました。


でも、代表が並んでいればよくて、ゲートのすぐ近くの日陰で

車椅子の面々と私たちは待っていました。

代表がゲート前に進んで来たら横入りさせてもらえるんです。


サポートチケットを受け取っていざ、ハリーポッターへ!

人、人、人、人。凄い人でした。

整理券をもらったら 10時の時点で取れたのは16:10の回でした。

ハリーポッターは残れる人だけ見ることにしました。

結局みんなで見れたのは ターミネーターのシアターと

ウォーターワールドの水しぶきたっぷりのショウ。


さえちゃんがUSJのことをとても詳しく調べてくれていて

集合時間はあるのですが並ぶことなく優先入場ができることや

みんなで座って食事ができるお店でランチ。

スタッフがバックヤードに帰る通路に面した外の席だったので

宮ぷーは通路側に向いて次々通るスタッフの衣装を見てご機嫌でした。


家族だけだったら来れなかった、と彩さんが言いました。

トイレに行くとしても大勢がいれば連携が取れます。

食事のときも みんなで手分けして20人分の食事を

セルフで外の席にも運んで一緒に楽しめました。


宮ぷーとかっこちゃんが帰るタイミングで私も移動する時間でした。

駐車場に向かうと 今回は入れなかったハリーポッターのお城が

よく見えて、次回は宮ぷーもここに入ろうねと記念写真を撮りました。

たけちゃんはそのお城にストレッチャーのまま入れたそうです。

メジャーでストレッチャーを計ったりして入れてもらえたということは

あまり前例がないのでしょうね。階段があるからねぇ、って言って

キャッスルウォークは難しいと思ったのにチャレンジすると扉が開く。


さすが、パイオニア(先駆者)ですね、たけちゃんは。