2015年09月27日

寄り添う人にこそ


はるくんは 身体を自由に動かせないおこさんです。

勉強は好きで宿題は答えを言ってスタッフさんが代筆します。

言葉が話せても手に字を書く力がないから書けないと

はるくんもスタッフさんもそう思っていました。


ipadに 「ホワイトボード」という無料アプリを入れていて

指でなぞるとその部分が マーカーで書くようにできる、

太さも色も選べる、そんなソフトがあるんです。


指談の要領で普段は手のひらで読み取る所を

そのアプリでipad上に はるくんの指を置いて

そうっと支えていると文字になりました。


大きく で と書き、続けて でい、と書きました。

はるくんが うれしい!とにっこりです。

今度はノートにボールペンで筆談のように手を添えて

おかあさんにお手紙を書きました。

うれしい、とてもうれしいと言いました。


スタッフさんも交代しながら筆談で氣持ちを教えてもらいます。

そこにいた4人のスタッフさんが全員、筆談の要領が

はるくんにやってもらってできるようになりました。


Mちゃんも スタッフさんと プリキュアの絵を描きました。

一人で描くとギザギザの線を書くだけになってしまうのに

筆談のように手を添えてもらうと絵が描けることが

わかりました。文字も書いてくれました。

その文字をひとつずつ指さして声を出します。


障がいのある人に寄り添う人に、指談・筆談を

知って使っていただけて私も嬉しいです。