2015年10月02日

Bonjour!


昨日、春さんのところに 春さんの盟友のKさんが

単車で向かっているとKさんは時速40㎞で走っているのに

抜き去れないほどの速度で自転車が前を行くから

スピードを上げたら 自転車の青年も もっと速く走って

走りながら 抜きつ抜かれつ、それで意氣投合して

春さんのところに彼を連れてきたんですって。


春さんのところにもその青年がKさんと会いに来ました。

Kさんは ボディランゲージやら駆使されて 笑顔で

言葉のないコミュニケーションをされています。


少し英語でお話すると彼がフランス人とわかって

私もほんとうに久々に フランス語でご挨拶~。

自己紹介して お名前を教えてもらえました。

昔取った杵柄でありまする。
(これ位は慣用句だから暗記できてるのですょ)


パリからの留学生でラファエル君ということがわかりました。

ツールドフランスに出てるの?と聞いたら 出てはいないけれど

速く走るのは好きなんだそうでした。

日本語はほとんどわからなくて フランス語か英語で、って。


指談のこと、お話しようと思ったけれどフランス語は

そうとう錆びついていて その辺で撃沈。
(そりゃそうだ、全然使っていなかったもの)

拙い英語で説明するとラファエル君はとてもいい感触でした。


厚かましい私は 今の説明をフランス語でやってみて欲しいと

ラファエル君に頼んだら、 あ~、そういう語彙もあった!

そうだった、そういういい方もあったわねと 遠い記憶が

思い出せて楽しかったです!!


春さんとのフランス人初!の指談トライは 

左手を彼が持たせてもらい、私が右手でやりました。

すぐに〇も✓も 数字もわかって、実に興味深い体験だ!と言って。


春さんも いつもと言葉が違うね、と指談で言います。

パリの障がい者のことや 障がい者の就労事情を逆にラファエル君に

インタビューしてました。

偶然の出会いでこんな風に会話ができる自由さがいいですね。


フランス語も英語もブラッシュアップしようと思いました。

まだ行ったことのないパリにもいきたいなぁ。






  


2015年10月02日

いじしけん

昨日は 春さんに会いに行く日でした。

倒れて2年半余り、身体の柔らかさが増しています。


意思表示はあるものの言葉がまだ出せない春さん、

大阪白雪隊のみっこちゃんも合流して 

コーヒーをいただいたり指談でお話をしていると

主治医のA先生も往診にいらっしゃいました。


A先生が春さんの左手を持ち、私が右手を持って

口から食べる練習のことをどう思っているのか、指談で尋ねました。


食べる練習は増やしたいですか?何を食べたいですか?という質問に

「いじしけん」と春さんが書いて A先生にもそう読み取れて、????

何か、地方の郷土食かしら?なんだろう?と思ったら……。


春さんが省略して伝えたんだとわかって 大笑いです。

(今のやり方を)維持して 試験的にいろいろ食べさせて、という

意味だったんだそうです。はぁ~、おもしろいです。


最近の春さんは季節の変わり目で少し熱が出たりしていましたが

体調はいいです、と指談で教えてくれました。