2015年10月09日

海辺へも



駅では かっこちゃんと みきちゃんが待っていてくれて 病院に向かう前に

駅の売店で お昼御飯も調達します。

今回はタイトなスケジュールなので

お昼はゆっくり休んでいられません。

かっこちゃんが選んでくれたのは「守岡さんちの揚いなり」です。



病院はとてもゆったりした敷地にあって、看護師さんも笑顔で

おかあさんは 6人部屋にいらっしゃいました。

ご挨拶して 指談でお氣持ちを 私の声でお嬢さんに伝えられることを

お話しました。


◯と✔︎から練習しましたが 瞬きも、身体全体でも答えようとされて

聞こえていること、言葉も理解できているということが伝わります。

認知があったそうですが 指談は 認知症の方とも普通に会話が

できるとこれまでの出会いから感じています。

繋がる場所が認知が出るところとは違うのでしょうか。


娘さんは 思いが知りたい、手術をしてもらったけれどご本人が

それでいいと思っているか知りたかったそうです。

お嬢さんもぐるぐると手の動きを感じるワークなどもやってから

おかあさんの手を持ってもらいました。


◯と✔︎も数字も感じ取ることができます。

筆談もできることがわかりました。

「これは 夢でしょうか?」病院を出たところで そうおっしゃって

夢じゃなくて 本当のこと、ですよね。




お昼は次の病院に向かう途中の海辺に行って食べました。

厚めの揚げに五穀米、美味しかったです。

一つで 満足できる大きさです。(*^^*)