2015年10月12日

指でおしゃべり会 (2)



11日の指でおしゃべり会には 合氣道の友人も来ていました。

普段、合氣道の指導で教えている、氣の原理、「心が身体を動かす」から

指談に入っていくところが興味深かったと教えてくれました。

日常に活用できるところが 私が学んできた合氣道のよいところです。


つい最近会った、1歳のゆうちゃん。

おかあさんがとてもいい笑顔で参加してくれました。

〇や×もわかるそうですし、何より表情が豊かでみんなわかってる!と

身体中で答えようとしているのです。いいふうになりますように。


Yちゃんは夏におかあさんが お友達とおしゃべりをする会を

してくださって、その時はたくさんお話をしました。

YちゃんとR君はお友達なのです。それでR君と話していると

後ろ側から「ねぇ、ねぇ」と言うように私の服を触ります。

R君は おとうさんがお手洗いに行くよ、と声をかけたら〇と

書いたそうです。ついさっき、筆談を練習したばかりでした。

思いを伝えられるもうひとつの方法が見つかってよかったですね。


向き直ってなぁに?と聞くとYちゃんは にっこり笑って「嬉しいね」って言います。

自分のことで指談で声にして欲しいとか、伝えたいことはほとんどなくて

おかあさんが聞きたいことを質問すると「知ってるのにね」と言います。

背も高くなっていてなんだかお姉さんぽくなりました。


Nさんのおかあさんも来てくださって、Nさんが9月からの変化の中で

がんばっている様子を教えてもらいました。よかった!


おとちゃんは 今日はひとりできたのよって教えてくれました。

お家におじゃました時はゆとりがなかったけれどおとうさんとも

指談でお話ができるようになっていること、今回二度目で余裕も出て

わかりやすかった、とおかあさんが後からメールをくださいました。


まゆちゃんはおかあさんのことを心配する言葉を指先に書きました。

十津川温泉に行こうねと、一緒にきてくださったみなさんと決めて

出かけるさ先が一つ決まりました。


首の座らないひろやくんをとても自然に座らせる、しかも療育の先生の

指導されるように自然に支え方ができるお嬢さんも少し遅れてみえました。

一生懸命に手紙のように文字を書いていました。

両手が手紙でふさがっていたので 肘でお話をしました。

〇も×も肘からも伝わるのですが、チラ見をする目の表情がもっと正確に

思いを出していたようでした。ダウン症のお嬢さんの優しい思いが

ほわぁんと伝わって、こちらまで癒されるようでした。


合氣道の友人たちは おこさんがたの宇宙の広さに圧倒されたそうです。

私が「素晴らしい魂の輝きに近づいて面会を許される感じ」、ということを

ひとりひとりの持つ宇宙感の広さという物差しで二人は感じたのでした。


穏やかな和やかな空氣がずうっと流れていて椅子もマットもあって

おこさんが長時間を過しても帰るときには素敵な笑顔を見せてくれて

嬉しい時間になったのでした。

弥生さん、みなさま、ありがとうございました。















  


2015年10月12日

指でおしゃべり会

昨日の神戸での指でおしゃべり会の様子をブログ

書いていただきました。


2歳になったひろやくんは 挨拶をするとちょっと緊張していましたが

指のおしゃべりがみんなもできるようになるといいなぁと願ってくれて

雨男というのもどうやら返上できたようです。


ひろやくんに会ったのは昨年末、1歳3か月の時でした。

指でおしゃべりができることをお伝えしてからお姉ちゃんが

ひろやくんの好みを指談できくことができて座位保持装置や

バギーやチャイルドシートの製作はひろやくんの好きな色を聞いて

素敵なものを作ってもらったのですよ。


まだ字を覚えていないはずのちいさな人と指談で会話するというのは

常識の外のことですが 思いがあると知っての育児と障害があって

なにもわからない、と思っての育児には大きな差があるでしょう。

お友達にも指談を知ってほしい、療法士の先生たちにも!と

神戸で「指でおしゃべりしませんか?」と声をかけてくださいました。


21組のご家族の中にはこれまでに指談でお話をさせてもらった

可愛いおこさんが何人も来てくれました。

しばらくの間に背が伸びていたり、表情がおませになっています。


ちかちゃんは 耳が聞こえにくいかも…、と言われていましたが

私の声に反応して表情を変えてくれましたし、聴力ではない方法で

感じるのかも知れないけれど音が伝わっていると思えました。

かつて私たちの祖先はお魚の時代があってそのDNAも持つと

いわれるので、皮膚感覚が聴力を補うこともあるのでしょうか。


そうちゃんは仰向けのままずんずん頭の方に動くこともできて

「おかあさんがだいだいだいすき!おばあちゃんをたよりにしています。」

と言って毛布のブランコ遊びが大好きと教えてくれました。


R君は思いを表現する方法が指談や筆談でもできることがわかり、

ご両親に〇や×、数字を次々に書いてくれました。

これまでの方法に加えて指談や筆談で思いを伝えられると

いいですね。


手術を受けたというT君に痛みはないか聞くと大丈夫と教えてくれて

びっくりしたよ。いまはそのばしょになれたよ、と言いました。


何度か出会っているMちゃんは指を持たれたり触られるのは苦手。

それでおかあさんに踵や足先でやってもらいました。

その方が落ち着いてお話を伝えられるようでした。

そしてとても表情が豊かでいいか、嫌か、よくわかるのです。


STの先生とは書く練習をするのにおかあさんとしないのは

おかあさんとは指談をしなくてもわかってくれるから、と

Mちゃんの思いはこれまでどおりなのでした。


PECSを使いこなしているあきちゃんも来てくれて

おかあさんがPECSで意思を伝えることができることを

みなさんに紹介してくれました。


理学療法士のHさんが来てくださったことも嬉しかったです。

障がいのある方に寄り添う方々がこういう方法で思いを知ることが

できることを知って使ってくだされば嬉しいです。


お空に帰ってしまったはるちゃんのご家族も遠方から来てくださって

いました。そしてハンドスタンプアートプロジェクトの応援をされていると

お話してくださいました。


障がいを抱えるおこさんの手形や足形を集めて世界一大きな絵をつくり、

2020年のパラリンピックで掲示しようというプロジェクトです。


人と人が繋がり、小さな力も志を合わせれば大きな力になりますね。


素敵な時間にしていただいた弥生さんと参加されたみなさんに感謝します。