2015年10月19日

参観日のように


今回は二日間とも 西条市のこどもデイでの活動でした。初日は

言葉のないこどもさんのおかあさんにスタッフさんから声をかけていただいて

日曜日の午前中に別室でおかあさん方との練習会になりました。


指談のお話もしたのですが 障がいのあるおこさんを育てる日々での

葛藤や将来への不安などの氣持ちをお互いに話す時間にもなりました。


おこさんに尋ねてほしいこと、聞いてみたいことをまとめていただきました。

こどもさんたちの部屋に入ると 普段は入り口までで中に入ることのない、

おかあさんが一緒にいると スタッフさんには見せない様子で抱っこされたり

ピッタリくっついて座ってみたり。


おかあさん方も お家では家事に追われてしまうけれど、この日はゆったりと

背中をとんとんとしたり、お互いに触れ合う空間になりました。

おかあさんが来ていないおこさんも その近くに座ろうと寄ってきます。


お昼ごはんを一緒に食べてからおかあさんは一足先に帰られました。

言葉の出ないおこさんにも言葉としての思いがあると知っていただくこと、が

最初にお伝えしたいことです。


前々回に指談でお話をしたおこさんのおかあさんが 体験談として他のおかあさんに

「指談で俯瞰できることをこどもが話した時は その話が本当のことか半信半疑でした。

でも トイ〇らスに行って迷子にもならずに自分で行きたいところに一目散に行けたので

やっぱり上からの俯瞰ができるかも知れない、と実感しました。」と話してくれました。


もちろん言葉がなくても表情で思いを伝えられるおこさんもいるのです。

コミュニケーションの方法のひとつとして指談を丁寧に伝えていきたいと思います。







  


2015年10月19日

初陽会(そようかい)へ


横浜能楽堂で 能の謡と仕舞、舞囃子の発表会でした。

今年は私は出ないので初めからずうっと見所でみなさんの発表を

見せていただきました。


昨年、見せていただいた方が一年経つとそれぞれの上達ぶりがよくわかります。




今年は常連でベテランのIさんがお家の事情で急に出られなくなりました。

番組(プログラム)はそのままに Iさんのお役を大先生が代わられて

プロの謡をたっぷり聞かせていただくことができました。


番外の大先生の仕舞と 私が10年来支持している師匠の舞囃子、圧巻でした。

天鼓 弄鼓之舞、本当に水上を滑るように全くぶれず揺らがずに緩急があって

横浜まで出かけた甲斐があるというか、あり余るほどの感動でした。


日本の伝統芸能の奥深さを感じた一日でした。


お稽古仲間は「中央に座って見てもらっていたから 安心して舞えました」と

何人もが終了後に声をかけてくれました。

出番のないこの日は 真ん中の席で拝見できる余裕がありました。

離れて座っていても応援する氣持ちや見守る氣持ちが届いたんだろうか?と

ちょっと嬉しかったです。








  


Posted by まきの じゅんこ at 23:18Comments(0)氣付き