2015年11月02日

対話 志


「指談で開く言葉の扉」を 読んでいただいて ありがとうございます。

わかりやすいですね、という感想をいただきます。

山元加津子さんが「私の考える 指談のしくみ」を丁寧に書いてあり、

写真もカラーで大きく載せられたことも よかったのでしょう。

指談を伝えるツールとして使っていただいています。


社会福祉法人の 代表のSさんが10冊買ってくださいました。

別のところで初対面の方から 指談の冊子を書いた方ですよね?と

尋ねられました。

お嬢さんが その社会福祉法人のスタッフさんで この冊子を読まれて

おかあさんにもいいよ、と勧めてくださったそうです。(*^^*)

必要な方へと繋がっていくことを願っています。


田口ランディさんのTwitterからの本、『「ありがとう」がエンドレス』から

いくつかがFacebookで紹介されていました。




対話をするときもね、相手との相違点や相手の間違いを指摘ばかりしていると平行線。
共通の部分、有益な部分に着目して、そこを積み上げていくの。
志を高く置くんだよ。
志はね、必ず高い方に引き寄せられる。
そうやって人類は、成長してきたんだよ。
===============

人間ってね、自分の上がいると文句言えるの。
でも、自分が一番上になると、もう誰にも文句が言えないのね。
責任が増えるほど、文句が減るの。
文句が出るって、下っ端ってことなんだよ。




指談での 対話でも 私自身への 戒めとして 志を高く持っているか、

文句や愚痴になっていないか、振り返るきっかけの言葉でした。