2015年11月14日

SFにもLAにも。


1/4の奇跡の映画監督、入江富美子さんとビズネア敦子さんのパリ在住のセラピスト、ビズさんによるフランス生活&奇跡のお話会


行ってきました。


ビズさんも氣圧法という手当法、心身統一合氣道を学んでいらっしゃって

私は大阪で学んでいましたが同じ時期だったのでおそらく出会っていると思うのです。

Facebookでは繋がっていたビズさんとようやく、出会えました。



心を鎮めて・・・、天地を信頼する。

ビズさんと入江監督のお話の「奇跡」はそんな心境から起きるように思いました。

脳波7.8Hz、ここにも 指談が説明できる手掛かりがありそうです。


サンフランシスコのマコさん、ロスアンジェルスの雲さんや海外で暮らされている方が

参加されていてインターナショナルな集いでした。

マコさんも、雲さんも 指談の冊子を応援してくださっています。

雲さんはLAに戻られたらALSのお知り合いに指談を伝えてくださるそうです。

休憩時間にミニ講座、雲さんは短時間に伝えたかったことをしっかり掴んでくださいました。

指談だけでなくコミュニケーションの可能性を見つけていただけますように。


言葉が出せない方にも深い思いがあると知っている人が傍にいるだけで

心を強く持てるのではないでしょうか。

非言語のコミュニケーションでも トーナメント表のように選択していくと

言いたかったことにたどり着けますもの。

冊子がサンフランシスコにもロスアンジェルスにも届くことがありがたいです。

ビスさんにもお渡しできたのでパリにも(私より一足先に)冊子が行くんですょ。


奇跡のお話を聞いたからか、帰りがけに小さな奇跡があったのでシェアします。

もし、在ったとしても一枚しかないはずのスカーレットのストール。

ビズさんが荷物をチェックに階下に降りる前に「二枚届けて!」ってお願いしたら、

本当に二枚あったの(他の方にお送りする分でしたが取り寄せるのでOK)でした。

叶わないと思っていることもこういうふうに奇跡的に叶うことを起こしていくのかなぁと

なんとなく幸せな、小さな奇跡でした。