2015年11月30日

豊橋へ


4月と7月に続いて3回目の指談講習会を かっこちゃんの魔法にかかる会の

野口さんが企画してくださって豊橋に行ってきました。


最初にバイオリン、リコーダー、ピアノで音楽を聞かせてくださるのが豊橋の恒例です。


四歳のRちゃんは初めて参加されましたがお父さんがRちゃんの入院中に指を握ることで 

はい、いいえの答を教えていることを見つけていました。

これから指先からたくさんの言葉をRちゃんと紡いでいただけそうです。


Hさんはお母さんに、息を深く吸うことでも合図ができることを教えてくれます。

野口さんとHさんとで指談で好きな音楽や食べ物のことのお話ができました。

「大人だねぇ」と言った野口さんにHさんが反応した表情もとても素敵でした。


大きな瞳のMさんは表情でもいっぱい返事をしていました。

おかあさんのことを氣遣っている、優しくてちゃっかりしてて素敵な女の子でした。

みんなの指談の練習台をするよって言ってくれました。

合っているかどうかを目で表現できるMちゃんのお働き、楽しみです。


こうちゃんとは2度目、駅まで迎えに来てくれた時、言葉が増えて動きがきびきびしていました。

四ヶ月の間にもこうした変化が垣間見せてもらえて嬉しいです。


二度目の参加のT君とお母さんとの練習はなかなか進みません。

指談の読み取りではおかあさんとはだいたい通じているし、指で話す方がしんどいと言います。

〇や数字の練習で氣が付いたのは Tさんのはとっても速くて小さく伝わること。一瞬なのです。

読み取る人のイメージする速さとあまりに違うので感じにくかったということではないでしょうか。


毎回顔を見せてくれるあきちゃんは落ち着いた、ゆったりとした調子でお話をしてくれます。

新しいことにチャレンジすることも、お友達が増えることになることと前向きにとらえていて

一年後の未来をすでにいいふうにイメージしていることを教えてくれます。


今回、コツをつかめたという方も まだよくわからないという方も、どんな人にも言葉がない人も

すべてわかっていて思いがあるということは伝わったと思います。

そしてご家族以外の方との指談はみなさんによい刺激になるようです。

みなさま、ありがとうございました。


野口さんは2016年3月27日にも豊橋で指談の講習会関連のイベントを計画されています。