2015年12月05日

Harusola Salon

神戸のひろやくんのおかあさんが 療育やリハビリで知り合えた方にも

指でおしゃべりを楽しんでほしいと、お声掛けをしてくださって

10月に温かな空氣感の中で 指談の講習会をさせていただきました。
その時のブログ




その日に大垣からはるくんのご一家が参加されていました。

はるくんはお空に帰ってしまったことを 講習会後の読取りの時間に知りました。

見せていただいたはるくんの写真のなんとも言えない人懐こさのある笑顔。

はるくんと指談でお話をされことはなかったそうですが氣持ちはきっと通じていたと思います。


悲しみから前を向かれて、重い病気や障がいと共に生きているお子さんとご家族がつながり、

ほんわかあったかい空間を共有できるようなsalonを、大垣市で立ち上げていらっしゃいます。


Harusola Salonはもうすぐ

第一回が開催されます。


明日は午前中の短い時間ですが お空からはるくんの応援もいただいて

お仲間のみなさんに 指談のことをお話させていただきます。


午後からは 名古屋で「思いっきりkakkoワールド」に。

稲場俊郎先生とKakkoちゃんが一緒の時空間!

白雪姫プロジェクトの仲間も とても大勢 名古屋に集まる予定です。

指談で開く言葉の扉 改訂版も明日に間に合いました。


わくわくしています。
  


2015年12月05日

改訂版ができました。


10月にできあがった指談の冊子「指談で開く言葉の扉」、初版は完売となりました。

読んでいただいた方からのご意見やご要望を元に 装丁や表紙、余白と共に内容も

見直しをしました。


大きな指談の説明の流れに変わりはありませんが増刷でなく、改訂版にしていただいたことで

とてもわかりやすい内容になっていると思います。


改訂版は 白雪姫プロジェクトのホームページや 山元加津子さんの電子書籍の発行も

されている ろばの耳からの出版です。

今回から授産所での発送になることで売り上げの一部が障がい者支援施設の発送業務に

使われます。


今日は ピースクラブさんに伺って はるさんと指談でお話をしました。

Aさんという、はるさんの盟友がベッドサイドで指談の様子を見ておられました。

「僕は科学的に指談がどうしてできるのか、わからないし否定はしませんが信じることも

できない。でもあなたがされている、心に寄り添うことは素晴らしいと思う』と言われました。

そう感じることも当然あると思います。寄り添う姿勢を見ていただけたことは嬉しいです。


ご自分の意思を第三者にもわかるように瞬きや身振りで伝えられる人を除いて

指談の読取りが本当に正しいかどうかは厳密にはわからないからです。

ご自分の意思を表わせる方ともとも表わせない方とも同じように接しています。

そうしていることで時間をかけてですが表わせない方との指談がどうであったか

やがてわかると感じます。

この7ヶ月ほどの間にピースクラブさんで指談を何人もの方とさせていただきました。

Oさんが指談で思いを聞いた人がその後の関わり合いがとても変わった、とAさんに話されました。

そして指談の冊子をAさんにも渡すから、読んでくださいとお話されました。

徐々に指談で思いを聞くことを自然に受け止めていただけるようになりました。



みんなで幸せにいきいきと生きる、白雪姫プロジェクトがめざすことをいつも心においています。