2015年12月09日

さくら会

毎月、第二水曜日に大型マンションの老人会「さくら会」のみなさんに

リラックスクラスで身体のケアと 氣持ちのリフレッシュの時間をさせていただいています。

呼んでいただくようになって、もう何年になるでしょうか。

今日は 白雪姫プロジェクトのこともお話しました。


平均年齢が70歳くらいのみなさんなので 老化と向き合う日々の過ごし方もお話します。

そんなことは起きて欲しくないけれど、もしも意識障害になっても 諦めないで

回復の方法があること、回復できた人がいることを顔の近くで声掛けをして欲しいのです。


言葉や身振りや瞬きでコミュニケーションが取れなくても 聞こえているし、わかっておられること、

どこも動かせなくても、指談というコミュニケーションがあること、白雪姫プロジェクトのことをお話しました。


力のいらない介助法もお伝えして、力任せとの違いを体感してもらいました。

白雪姫で紹介している方法は 介助する人もされる人にも優しく、腰に負担がないのです。


いのちの可能性は 不思議です。

寿命があれば どんなに重篤でもいのちが繋がります。

お元氣な時に 死について落ち着いて話せる時間も大切だと思っています。

お餅の季節なので 嚥下の筋肉の鍛え方も伝授しました。


また新年も元氣な笑顔に会えますように。

ほっとして美味しいコーヒーをいただいています。

  


Posted by まきの じゅんこ at 12:28Comments(0)白雪姫プロジェクト