2015年12月21日

指談と言いますけれど



美濃加茂市の「指談 あい」のイベントは

かっこちゃんの講演会とAKIRAさんの歌、

指談あいの仲間の今の様子、高山の指談あやの紹介も。

私も1年の皆さんの成長や変化を誇らしく見せていただきました。


遠く北海道から 甥っ子さんの可能性を捜してTさんも来ていました。

ご本人を連れて来られないので、とiPadに動画を入れてきて

イベントの前に 行った幼稚園にも来られて動画を見せてくださいました。

「両手の拘縮がありますが 指談はできますか?」とお尋ねでした。


指先でなくても 心の耳を澄ませて心を寄り添わせることで 対話ができます。

指談と言いながら 小さな赤ちゃんとは 足の踵で感じ取ったりもします。

手の動きが大きくて追いかけきれずに読み取れない時は

手首を支えて感じ取ったり、肘からも感じ取れました。


Tさんの甥っ子さんは 目の力が強く感じられて 目で挨拶や

あかさたなスキャンができると思えました。


指先で文字を書いてもらってその文字を読むのは筆談に近いでしょうね。

自力で書けない方とも 対話ができる方法を指談と言っています。

指先でなくても、拘縮のある関節や手首でもさせていただいて

まずは○と✔️と数字から練習してほしいです。

トーナメント表で 優勝者が決まっていくように、

質問の繰り返しが 答えを教えてくれます。


誰にも思いがあることを信じて 声かけをしてくださいね。

思いが表出できないことと、思いがないこととはまるで別です。

指談で開く言葉の扉にも そのことを書きました。
  


2015年12月21日

大門(おおかど)先生

指談 あい の会場に行く前に お昼御飯を 可茂特別支援学校近くで

準備してくださっていました。

4歳のえいちゃんとお母さんも まあさんと来てくれました。

指談、まだ見たことがないという えいちゃんのお母さん。

お部屋に一緒に入っていただいて 指談をさせていただきました。

前世の記憶の研究をされている大門 正幸教授も 見守ってくださいました。

えいちゃんに前世のことも聞いたのは 暖かく見守ってくれる

大門先生がいらっしゃったからでしょうね。

好きな色や、熱が下がってからの体調のことも教えてくれました。

大門先生は映画「かみさまとの約束」の池川 明先生との共著を出版されたところです。
人は生まれ変われる

大門(おおかど)先生も指談のこと、応援してくださっています。

岐阜の指談講習会にも参加したいと言ってくださいました。  


2015年12月21日

助詞から氣付く

美濃加茂の 指談 あい の るねちゃんのご縁から 素敵な幼稚園で

指談の様子を見ていただきました。

岐阜駅からMさん親子が迎えに来てくださって

幼稚園に向かいました。

園長先生や 送迎をしてくれたMくんの

小学校の担任の先生、北海道からのTさん。

赤ちゃんも来てくれてMくんのお友達も。


少しずつ読み取りをさせていただいて、

園長先生が ひとりの男の子の言葉にだけ、助詞がなかったですね、

と氣付いてくださいました。

言葉に集中はしますがそのことに私はまったく氣付いていませんでした。

ご両親もレッツチャットを準備されていて あかさたなスキャンを使って

英語の単語で返事が出たり、普段から 動詞が先、という感じなのだと教えてくださって。

助詞がある子、ない子がいたことは 私が勝手に(乱暴に)読んでいないことが

みなさんに伝わったんじゃないでしょうか。

午後からの美濃加茂市へ移動する前の一時間余り、

きらきらの魂の持ち主とご家族、支えるみなさんとの

素敵な笑顔に出会えた時間になりました。

指談で開く言葉の扉の本ができて 指談を見てから

みなさんにこの本を読んでいただけるのもありがたいことです。
  


2015年12月21日

岐阜へ

去年の12月21日に美濃加茂市に行きました。

山元加津子さんの映画上映と講演会、とても素敵な会場に 満員のお客様。

講演会の中で指談をさせていただいて その時に出会ったお子さんが

美濃加茂で 立ち上がった、指談 あい の中心メンバーです。

去年は会場に入れなかったけど、スタッフさんの声かけで ご両親と一緒に

来てくれた青年とも 短い時間、会場の外で指談をさせていただきました。

「この子に言葉があるんでしょうか」とお母さんが私が私に聞きました。

その青年は「僕にもできることを捜してほしい」と指談で教えてくれました。

自分の思いと違う行動が出てしまう青年だから言葉が理解できないのだと

思われていたのかも知れません。

私は 白雪姫プロジェクトの誰もが言葉があり、伝えたいことを信じています。


昨日、美濃加茂市で 1年ぶりに その青年とご家族に会えて、嬉しくなりました。

去年よりも落ち着きが感じられて 祈る働きのお友達のことを伝えました。

「いつもそうしているよ」と指談で話してくれました。

美濃加茂市にこの一年で何度も行きました。

会場のあちこちにご縁が繋がったみなさんとの再会があって

嬉しかったです。


飛騨高山から 指談 あやのめんメンバーも司会をしてくださった方も

来てくださって、地域に指談をきっかけに支え合う繋がりができています。