2016年01月11日

短時間で伝えられました。


久しぶりにお茶をご一緒した友人が

「お舅さんが認知症で施設にいるの」と言います。


ちょうど一冊持っていた「指談で開く言葉の扉・改訂版」を渡しました。


手は動かせるそうですし手を添えるだけで筆談ができる可能性もあります。

顔の近くで声かけ、皮膚の刺激をアロママッサージなどで、ご家族にもできるケアと併せて

筆談も本を見ながらやってくださるそうです。


指談のコツも伝えて、スキンシップの効用について話しました。

「最近のテレビでもそのことを取り上げていたのを見た」、と言います。

返事ができないことや認知症の見かけと ご本人の内面は違うことが多いので

諦めずに やってみて欲しいです。


この本には白雪姫プロジェクトのこともチラシのように1ページを使って

入れていただいたので ごく短時間に指談、筆談、白雪姫プロジェクトと

盛りだくさんの情報を 今、必要な友人に伝えることができました。


友人から 筆談や指談ができたことを聞かせてもらえる日を楽しみにしています。

指談の本は このブログからもメッセージをいただければお送りします。

1冊550円、10冊以上まとめていただくと450円です。送料実費でお願いしています。  


2016年01月11日

指でおしゃべり会 沖縄

指でおしゃべり会 in 沖縄の詳細をほこぴーさんこと、鉾山さんが

アップしてくださいました。

宜野湾市で2月21日午後2時~午後4時の予定です。




障がいや病氣により、言葉が出ない方、意識障害といわれる方、

言葉があっても意思疎通が難しい自閉症スペクトラムの方にも。

言葉がないように見受けられることと、言葉が通じていないこととは

まるで別のことなのだと感じています。


まだ言葉を知らないような小さな人も 誰もが言葉を持っていて、

文字を知らないと思われる方にも、コミュニケーションの可能性があります。

精一杯、指談(ゆびだん)とコミュニケーションの方法についてお伝えします。


身近に指談・筆談を必要とされる方が今はいらっしゃらなくても

あなたの先の、その先の、その先に 指談の情報を知りたい方がいるかもしれません。


そして 指でおしゃべり会は 障がいがある方にも、ない方にも

温かくて優しい時空間になると、これまでの指談の会から確信しています。

どうぞ よろしくお願いいたします。