2016年02月19日

白雪姫プロジェクト本・内容

白雪姫プロジェクト本は 意識障害の方の回復の方法、意思伝達の方法など、

必要な方に情報が届きますように、と作られた本です。

今すぐ、白雪姫プロジェクトを知っていただきたい方に情報が届くために。


パソコンを開いて白雪姫プロジェクトのホームページをご覧になれなくても

7年前の2月に 宮ぷー(宮田俊也さん)が脳幹出血、それも3時間持つかどうか、

わからないほどの大きな出血で、意識障害、四肢麻痺から 数年後には自宅で

介護の力を借りながら 一人暮らしができるまで回復する奇跡ではなく、方法があること。

ドキュメンタリー映画 「僕のうしろに道はできる 〜奇跡が奇跡でなくなる日に向かって〜」

の中で紹介されている宮ぷーとかっこちゃん(山元加津子さん)のリハビリ。

倒れた時、お医者さまも看護師さんも 生命を繋ぐことに全力を尽くしてくださいます。

白雪姫プロジェクト本では座ること、話しかけること、五感を刺激すること、口腔ケア、尖足の予防。

医療の立場にないご家族にもできる回復の方法について書かれています。


誤嚥性肺炎のリスクが ベッドと枕の角度の工夫で低くできることを私はかっこちゃんのお話から知りました。


また、かっこちゃんを応援する快調、佐藤とよ子さん、茂ちゃんのまとめてくれた、メルマガからの

白雪姫プロジェクトにであって 回復をされた報告の抜粋も載っています。

宮ぷーとかっこちゃんとチーム宮ぷーと、メルマガで繋がっているみなさんとの7年間の

奇跡が奇跡でなくて、回復できる方法があり回復の可能性もあきらめないことで大きくなること、

倒れた方のご家族だけでなく、まだ会っていなくても 回復を信じて進む仲間がいると知ってくださることも

大きな力に変わると思います。











  


Posted by まきの じゅんこ at 16:41Comments(0)白雪姫プロジェクト

2016年02月19日

白雪姫プロジェクトの本

山元加津子さんのところにはお問い合わせのメールがたくさん届きます。

白雪姫プロジェクトの内容を伝えられ、情報を広められる本を出版したい、と

もしも、今 倒れられた方やご家族に届けたい、きっと必要な情報をまとめた白雪姫プロジェクト本

たくさんの方の寄稿でできあがりました。(私も指談のことを載せていただきました。)



宮田俊也さんは倒れたばかりの時、お医者さまはこのまま死なせてあげたらどうか、と

おっしゃったほどの とても重篤な脳幹の大きな出血だったのでした。

でも、そのような状態からも回復できる方法をこどもたちから 教えられて知っていた、

山元加津子さんの熱心で諦めないリハビリと宮田俊也さんの頑張りと、

やがてチーム宮ぷーの協力でその状態からの回復も奇跡ではなく、回復できる「方法」があり、

どなたにも回復の可能性があることを宮田俊也さんと山元加津子さん、

チーム宮ぷーが教えてくれます。

白雪姫プロジェクト本は 指談の本と同じく、ろばの耳からの発行です。

**********************************

書籍注文の方法
注文専用メールアドレスに、下記を貼り付け、記入してお送りください。
注文専用メールアドレス tyumon@robanomimi.or.jp
①本の名称
②注文冊数
③お名前
④メールアドレス
⑤お届け先郵便番号
⑥お届け先住所
⑦電話番号
■白雪姫プロジェクト本
1~9冊まで1冊1000円、10冊以上は1冊800円(消費税込)です。
送料は別にご負担いただくことになります。

■指談で開く言葉の扉
1~9冊まで1冊550円、10冊以上は1冊450円(消費税込)です。
こちらも送料別となります。

お金の振込先などは、ご注文いただいた本に入っていますので、品物が届いたらお振込いただくことになります。
ぜひ、お手にとっていただきたいと思います。
またお友達と一緒に合計10冊以上にしてお申し込みいただくこともできます。  


Posted by まきの じゅんこ at 02:46Comments(0)白雪姫プロジェクト