2016年03月11日

素敵な 言葉です。


指談あい のまーさんが とても素敵なブログをFacebookで

シェアしてくださって、あ〜、私が伝えたかったことが

とても素敵な言葉で綴られている、と思いました。

こちら☆

311の今日、このことばに出会えたことは 意味がありそうです。


指談を伝える時、誰もが持っている感性を 開くこと、広げることを

お話しします。常能力、そう思っています。


その言葉だけでは説明不足だったのかも知れません。

反省も込めて、素敵なブログにどうぞ目を通して感じてくださいね。
  


Posted by まきの じゅんこ at 21:04Comments(0)それは 本当だろうか?氣付き

2016年03月11日

身体中で聞き耳

久留米では別の部屋にいる勇者さんたちにも お話を聞きました。

何人もの勇者さんが それぞれに活動をされたり横になったり。

お一人ずつ、身体の痛みがあるかどうか、困っていることがないか、

やりたいことはあるか、尋ねていきます。


ご自身でハイとかいいえという返事ができる方もいらっしゃるし、

わかりやすい返事ができない方もいます。

それでも指談でおしゃべりをしていくと表情にも変化が現れてきます。


Sさんは手を人に持たせることは苦手のようでした。

みみの魔法、といって響さんから教えてもらったように 頬に手を当てることは

なぜか、大丈夫でした。

いいよ、という返事の時に手のひらでも決まったポーズがあるように見えました。

指を伸ばしたまま揃えてつんつん、とするときと 握り拳のようにしてその指を

ご自身のもう一方の手のひらにパンと当てるときと、拳のようにした手の甲を

もう一方の手のひらにパンとする、三つのポーズです。

指談で この合図が出るときの氣持ちを教えてください、というと

それぞれの言葉=氣持ちの時には決まったポーズをされることがわかりました。


こうして 指でおしゃべりが始まって、次々に聞き取りをしていると

その部屋の雰囲氣が変わるのを感じます。


他のメンバーさんは それぞれに自分のやりたいことに向き合っていますが

身体中を耳にしているように 聞き耳を立てる感じがしました。

そして次は私よ、その次に俺!というように自然に順番が決められていく感じも。

もちろん声を出して打ち合わせをするわけではないのですが ご自分たちで

流れがよい感じで立候補するように順番を打ち合わせしているかのようでした。


言葉が出せなくても会話、対話が成立することを スタッフさんも感じ始めています。

支援の関わりの質が上がるかも知れません。

ご本人の希望を取り入れた支援がいっそう進むと(これまでが違うという意味ではなく)

お互いにこれまで以上にいい関係が築けると思います。

つづく