2016年03月14日

わくわくする

飛谷ユミ子さんは飛谷こども研究所 の代表です。

元々は七田 真チャイルドアカデミーで 子供たちの教育をされ、

右脳教育に携わって来られました。



右脳を活性化するのは 常識の枠の中では できない、とお話されて

ほんとうに 大切なことは目に見えないことの中にもあること、

可視化できないものも 感性を豊かにすれば感じる力は 誰にもあり、

それはスピリチュアリティーでもなく、脳科学でかなりのことを可視化も

され始めている、と伝えてくださいました。


ふうちゃん(入江富美子監督)も 先に1/4の奇跡という映画がある、と

感じて、未来にある映画を創っていくものだったそうです。


私が 学んだシータヒーリングでも 時間は未来から現在に至る、と

常識の外側のことを学びます。


アカシックレコードには過去も未来もなく全てが今現在に凝縮されて

いると考えられています。


未来の常識、未だ常識ではないことの中にも本当のことはたくさんあります。

わくわくすること、リラックスすることが 右脳の機能を活性させるというのも

「明るく、楽しく、おめでたく」に通じていました。


上京の折に飛谷さんに会いに行く楽しみ♪が増えました。
飛谷こども研究所
  


Posted by まきの じゅんこ at 22:12Comments(0)指談(ゆびだん)って?氣付き

2016年03月14日

右脳の感性 はす君


兵庫県の神河町に招かれて 氣のクラスをしました。

24名が参加されて 最年少は 7歳の少年、はす君です。

生きる上で一番大切なものは なにかな?という問いを

はす君に向けたら「心といのち」と即答でした。

凄い答えだと思いました。

でも、それは 自分の中にあるものだね。

外にあって、とても大切なものを考えて、というと

食べるもの!と答え。

食べ物は1日食べなくても 人は死なないね。

他にないか、考えて、というと…

あ! お水!と元氣な答え。

でも、半日お水を飲まなくても大丈夫だね。


大人はこの辺でヒントや答えを教えたくなります。

でも、はす君の中では 本当のことを知っているのです。

じっくり 待ちます。ここは待つのが大切です。


しばらくして、目をきらきらさせて わかった!と言い

空氣!と答えました。


すごいなぁと思います。


空氣は 5分もない状態にいると いのちは途絶えるね。

そして空氣は 目に見えないね。

とても大切なのに目に見えないものもあるね。


氣は色も匂いも形も見えないものです。

見えないものは「ない」し信じないという人もありますが

あると考えてみると、人生がふくらむように思います。




  


Posted by まきの じゅんこ at 17:43Comments(0)指談(ゆびだん)って?氣付き出会い