2016年03月27日

ご高齢のご家族に


上京した折に 姉夫婦がお世話になったという、96歳のKさんに

お嬢さんと一緒に面会をして、指談をさせていただきました。


倒れるまで、だれからもとても尊敬されている、そんな方だそうでした。


お孫さんのご結婚について お話されると、ほ〜、と答えられ、

家族のお見舞いが嬉しいこと、誰が来たのかわかることも

指談で教えてくださいました。


お嬢さんが「 (指談をしている)まきのさんと父の感触は、

今までも私達が感じていた事が、ハッキリと確認された感じで、

とても嬉しく思いました。」とのメールをくださいました。


訪問された方が一言ずつ書くノートを置いていらっしゃって

代わる代わる、来ていらっしゃるのもよい刺激になっているのでしょうね。

毎日、端座位をしていただいているとも お聞きしました。

表情に 病人っぽさがなく、こうして素晴らしい人生の一端に

触れさせていただけて ありがたく思います。