2016年04月29日

似ていても まるで違う



りく君はちょっといたずらっぽい瞳の少年です。

指先に伝わるりく君の思いを私の声に換えて初めての指談。

柔らかな指から伝わる動きがはっきりとしていました。


手に筆を持ってもらい、支援の方がその筆を持って

サポートして名前を書くことはこれまでにもやっているそうです。


手の指に力が入らないので 筆をりく君が持っても

紙に筆圧をかけられなくて支援の方が一緒に筆を持って

こう書こうね、とリードするようにされていたそうです。


指談の練習のあと、私がペンを持っってりく君が私の手首を

持つようにしてりく君の動きを感じるとノートに文字を書けました。


「じかく(字 書く)」 「りく(名前)」

という文字を紙に書いてくれました。


支援の先生と交代してそのやり方でやっていただくと

「全然違います、りく君の思いで動かそうとするのが伝わります。」

とおっしゃり、これからこの方法でも支援しますと。


りく君はお茶目なところが出てその後は、ぐるぐると曲線を書いたり

ジグザグの線を書いて文字にならなくなったので 指談で

これは何を書いてるの?と聞くと「ついでに」だそうでした。



これ、どうしてできるの?と驚いて嬉しそうな表情が心に残りました。

思いを伝える方法が表情だけでなく、もう一つ増えますね。