2016年05月03日

若葉摘み


朝の野草摘みから 手作り酵素を作る会には

前から行きたいと思っていました。

急にキャンセルが出たことを昨日知って問い合わせると

嬉しいことに今日の会に私も参加させてもらえました。



この会は「僕のうしろに道はできる」の上映会でご縁が繋がった、

上田さん夫妻と白雪姫プロジェクトで出会った北野さんが

千の雫プロジェクト、大阪手作り酵素の会として 細やかに

指導をしてくださいます。


金剛山の近くまで行って 長靴に履き替え、田んぼと畑の周囲で

農家さんのご好意でたくさんの野草を摘みました。

今日の場所は カキドオシという 薬草の群生でした。

今日は5世帯、11人で40Kgの野草を摘み洗ってカットして

それぞれの酵素分を漬け込みました。


カキドオシ(生薬),ハルジオン、よもぎ、甘草、ユキノシタ、イタドリ、

オオバコ、藤の新芽、芹、柿の新芽、栗の新芽、山椒、南天、ギシギシ、

ナルコユリ、梅、さくらんぼ、筍、ニワゼキショウ、タンポポの葉、

アケビの新芽、スイバ、シロツメクサ、スギナ、イラクサ、三つ葉、ウバユリ、

ドクダミ、藤の花、オオイヌノフグリ、ハコベ他もっといろいろの野草。


梅の酵素ジュースや果物の酵素ジュースを作ったことはあったのですが

野草で作るのは初めてです。刻んでいると 野草のいろいろの香りがして

5Kgを楽しくカットすることができました。

大勢でする仕事は終始和やかで はかどります。

帰りは10Kg余りの野草酵素の素をカートに載せて

雨も本降りになる前に帰宅できました。


出来上がりも楽しみで心も身体も ほっとする一日になりました。

  


Posted by まきの じゅんこ at 21:32Comments(0)出会い

2016年05月03日

武道の手当て法、氣圧療法。


「氣圧療法って?」

心身統一合氣道は「心が身体を動かす」という氣の原理があり、
「氣の合氣道」とも言われます。
氣圧療法は 武道のひとつ、心身統一合氣道に基づいた健康法です。

指先で皮膚のゆるみがとれる程度に触れ、「氣」を送って健康な状態に戻るサポートをします。
そっと触れるだけなのに、問題のある箇所では心地好い痛みを感じます。
氣を送ることでご自分の治癒力を高め本来の健康状態を回復するのです。

氣を送ると、硬い部分もやわらいで身体も軽くなっていきます。
身体が軽いのは、氣の流れが良く、生命力が活発になっている状態です。
氣圧療法は、受ける方の自然治癒力を向上させ、様々な症状が緩和されていくことを促します。

強い力で圧したり揉んだりすることはないのに、むしろ首、肩、腰の不調は氣圧療法の得意分野です。
そっと触れることでどんな風に硬くなっているのか、緩んでいくか、指先で感じながらの施術です。
強くやり過ぎることがないのでお腹や眼などにも施術できるのも特徴です。

そして、氣圧療法士の仕事は、実は施術だけではありません。
リラックスできる方法、正しい姿勢、心が落ち着く方法、呼吸法も
心身統一の方法からお教えしてセルフケアができるようにします。
自己氣圧というご自身でできるセルフケアについてもお教えします。

「氣圧療法」は本来の心と身体の健康な状態を無理なく保つ方法とも言えるのです。

施術する私も楽になってしまうのも氣圧療法の特徴です。
終わった後の笑顔に出会えることもありがたいです。
  


Posted by まきの じゅんこ at 07:59Comments(2)氣の合氣道と 指談