2016年06月09日

笠岡市で 指談の講習会


誰もが 想いを表現しています。

時には 言葉ではなく ユニークな方法で。

言葉や表情でのコミュニケーションと 違うために

そのユニークな方法を 想いとして 感じ取れなかったけれど

ずうっと 表現していた!と 氣付く出逢いがありました。



その表現方法から 想いを受け取れる力は誰もが持っているもの

指談もその方法のひとつです。

今週土曜日の午後、岡山県笠岡市に伺います。

ご案内 こちら

お知り合いやご家族で、寝たきりや 障がいなどで

意思疏通が出来ない(と思われている)人がいらっしゃる方は、

どうぞ 実際に体感してみてください。


このワークショップは 日常のコミュニケーションについても

スタッフさん同士の意思疎通にも役立つと 言っていただきます。


言葉が出ないとか、意識障がいがあることと 想いがあること、

想いを伝えられないことは 別のことです。


みんなが この地球の同級生、この宇宙の同級生です。

支えて支えられて 支えあって進みたいと思います。

  


2016年06月09日

想いを言葉につむいで


6/3から 沖縄県南城市の 久高島に行っていました。

wifiが あまり使えず、ブログも更新できずにいましたが

神の島といわれる、自然の大きな営みの中で過ごす時間は

ここならでは、の新鮮な感性の氣付きが毎日あって

豊かで ありがたくて とても濃厚な時間を もらえた滞在でした。


出発の朝に 茨木市からリムジンバスで関西空港に到着すると、

一週間前に出会ったKちゃんのお父さんが 電話をくださって

「大きく変わったことがあります。あれから 大きな叫び声が ないんですよ。

娘からは 嬉しい、嬉しいと伝わってきて、僕も嬉しいです。

指談で 話をしてもらって 本当によかった」と言っていただきました。


初対面の私が Kちゃんの心に 勝手に踏み込んだのではないことを

実際に見ていただき そう感じていただけて よかったです。


みんな違って みんないい、違いを認めて受け入れて

お互いに高めあえたらいいですね。


久高島は 大潮になると 島の東側にサンゴ礁のリーフが現れ

約3㎞も東の先端のカベール岬まで歩けるのです。

もちろん 歩いてきました。

あんなにたくさんの海水が すっかりリーフの外まで引いて。





干潮、満潮をスケールの大きな力で毎日繰り返されている、

畏敬の念というか 与えられているものの凄さというか。

自然の教えてくれるもの、シンプルですが 本当のことですね。