2016年06月11日

白雪隊 番外編


白雪隊の練習以外に 今月は夏バージョンの身体に

すんなり移行できるようにと セルフケアの日を作りました。

きっかけは ともちゃんが 心身ともにお疲れのようっだのです。


白雪隊の練習日に来れたら プチ氣圧療法をさせてね、って

言っていましたが先月はともちゃんが練習会に間に合わなくて。

4月末のご主人の転院からとてもしんどそうだったので

プチケアと自分でできる方法を伝えたかったからです。


介護する人も元氣な状態で いて欲しいのです。


お二人に交互にセルフケアのあれこれを伝えて1時間ほどで

肩も首も背中もふわりと軽くなっていただきました。


そして転院したばかりの時、すこしがっかりしていたのが

同室で出会った方にいい刺激を受けられてしばらくの間に

もっともっと回復しようねとご主人のモチベーションも

上げるように励ますことができるようになっていました。


かっこちゃんが「きっといつかのいい日のためにあること」って

言うように よくなさげに見えても結果が よいことだったりするのは

諦めない心と前に進む力を信じることで引き寄せるのでしょうね。



9日のお昼にあつみ鍼灸院の渥美先生がまだま村という、

素敵なカフェまでさぁっと車で連れていってくださって

ほんの短い滞在でしたがとてもよかったので

また行きたいなぁ、白雪隊のみんなで。

森はとても感性を開いてくれるのだそうです。







  


Posted by まきの じゅんこ at 03:11Comments(0)白雪姫プロジェクト氣の健康法から