2016年06月15日

できないままでも

指談という方法で今はまだ 言葉を受け取れないでいる方とも 

対話の可能性があることに氣付き、受け入れていただくだけで

関わり合いが変わることがあることを 知っていただきたいなぁと

思います。



返事ができないことと こちらの語りかけが理解できないこととは

まったく別のことです。


返事が返せる方と同じように声をかけて

一呼吸、返事をするタイミングを待ってみてくださいね。


起こす時も触る時も ひと声かけて、いいですよと言うような間を取る。

そんなことも 指談を伝える時にお話しています。


指談で会話ができなくても このタイミングを大切にして

心の耳を澄ませて 感じようとしていただけることが嬉しいと

伝わるんです。


昨年からのご縁の春さんは 対話をすると身体が繋がっていく実感があると

教えてくれます。いまでは指談の練習のモデル役を引き受けて

特大の〇やNOをわかりやすく書いてくれます。


指談ができないままでも 普通に会話するように説明するように

声をかけたいただくことも 大切に考えています。



  


Posted by まきの じゅんこ at 00:21Comments(0)白雪姫プロジェクト氣付き