2016年07月12日

お兄ちゃんが大好き!



在宅のお友達でもう一人、お訪ねしたのは8歳の男の子です。

呼吸器を使っていて、学校からは先生がお家に来て

勉強を見てくれるのだそうです。


ご挨拶をして〇とバツのやり取りしていると、ハイの時に

瞬きができそうです。


いつものように 「イチ、ニのサン」でパチっと瞬きできるか

おかあさんと見守りました。


お母さんも(瞬きを)やっていますね、と嬉しい驚きです。


空を見て、色が変わる様子を眺めるのが好きと教えてくれます。


おとうとくんの大好きな本を二冊見てもらって、どちらかを

おとうとくんが読んであげることになりました。


消防車がたくさん載っている本を指談で選びました。

途中のページには4ページ分の大きさではしご車の写真があり、

弟君は爪先立ちをして伸ばしきれないほど目一杯、小さな手を

上にあげて お兄ちゃんにはしご車の梯子が全部伸びているのを

見えるようにしてくれたのでした。お兄ちゃんのこと大好きなのね。



抱っこする時に「 重いなぁ」とお母さんがつい言うから おとうとくんのように

Kくんも抱っこをしてほしいけれど 重かったら悪いなぁと思っていたそうです。

重いね、という一言には 大きくなって嬉しいょ、という意味も

あるんだよって言うと 縦抱っこしてほしい、と。


お母さんに疲れにくい抱っこの方法をお伝えしてから 

Kくんを抱っこしてもらいました。


いつもはベッドに横になっている時間がほとんどの方が

縦抱っこをしたり、座る練習をすると足が少し紫になったりします。


上に戻す力がなくなっているからだそうです。

でも、座ったり縦に抱っこしていると次第に足が紫になることなく、

戻す力がついてくるそうです。


いつもより長い時間の抱っこでしたが 楽そうだねぇとご家族が

おっしゃって、Kくんも とてもリラックスしていました。


そろそろベッドに戻る?と聞くとおとうとくんが さっと走って

お兄ちゃんがベッドに戻る準備をしてくれます。


大好きなんだね、おにいちゃんのこと。