2016年07月18日

指談 あやの会 (2)


午後は 指談のことも含めて コミュニケーションの可能性を

考え、体感する講習にさせていただきました。

高山でも大川さんの動画を一部見ていただきました。

「おかあさんが大好き、大好きっていつも言ってたんだよ、心で」と

指先から伝わった時に 「おかあさんの方を向いて言えば?」と言うと

「後で」と大川さん。

自閉症ってなんだろう?知的障がいってなんだろう?

みんなが同じように感じてわかっている。

それを表現するところが ユニークだったり 止められてたり。

わかっていること、感じていることは 普通だと思ってる人と

何も変わらないように 感じます。


あかさたなスキャンをご存知の方が少なかったので

お花の名前をあかさたなスキャンで教えてもらいました。

どこか一カ所でも 動かせると 言葉で言わなくても伝えあえる。


白雪姫プロジェクトには そういう情報がたくさん載っています。
☆こちら

前半でコミュニケーションの可能性をお話させていただいて

後半は ○を感じること、感じ取るためのいろいろをお互いに

やってみました。

落ち着く方法、地に足が着いた状態が 大切なことも体感してもらって

○と思っているのに 読み手が勝手に△と書くと どういうふうになるか、

同じ形が伝わる時の感覚を感じていただきました。

老人介護のお仕事で 認知症でもコミュニケーションの可能性が

あると知って向き合ってくださると 何か変化が出るかもしれません。

響さんの筆談のメッセージも 紹介させていただきました。

誰もが同じように感じてわかっている、そう伝わったら嬉しいです。


あやの会のみなさんと参加されたみんなで レインボーサークルという歌を

虹くんのおかあさんのウクレレの伴奏で歌いました。

虹の輪が広がるように、指談やコミュニケーションの可能性が

広がりますように。

野中さん、サポートありがとうございました。

あやの会のみなさん、美濃加茂市のまりんちゃん、Mitueさん、

ほんとうに素敵な、素敵な時間でした。

  


2016年07月18日

指談あやの会 (1)

17日は午前中に年長さんの男の子と小学生の双子ちゃんと

指談でお話をすることになっていました。


言葉のないお子さんに会うのかと思っていたら お会いしてみると

発語が少しできるおこさんたちでした。


Aくんは名前も答えられるし、年齢も教えてくれました。

少しこだわりがあるようですが よく説明すると理解もできるし

自閉症スペクトラム、と言い切ってしまうことが難しい感じがしました。


慣れないシチュエーションでは固まってしまうのだそうですが

それは悪いことばかりではなく、安全を守るためには必要な部分。

大丈夫だということを 理解できると固まっていたところから自分で

変わることができます。


問題行動と映ることも 本人には好奇心からだったりします。

そのことを止めさせる方法を見つけようというのではなく、

なぜそうしたいのか、その氣持ちを安全な方法で満たせること、

置き換えることを探せるといいなぁと思います。



叩くつもりはないのに顔を叩かれることがあるとしたら

手足の距離感が磨かれていないからかもしれません。

そして自分の身体で関節や手足をどんなふうに脳で感じているか、

そんなことも遊びの中で見つけて感覚を育てていくことも必要なことだと、

最近であったSTさんから教えていただきました。



年長さんなので小学校をどこにするか、おかあさんは悩むところですが

どちらにも佳さがあり、おかあさんがこちらで、と思うところで

決めていかれたらいいと思うのです。

わずかな時間でも言葉数が増えたように思いました。


双子ちゃんは お兄ちゃんのY君がおとなしくて口数も少なく、一人でいる子。

弟のTちゃんはおかあさんにべったり甘えたりよくおしゃべりをします。

Y君はイヤとも言えずに我慢して暗い氣持ちや鬱屈した氣持ちではないかと

そのことを知りたいというご相談でした。


ハイもイイエも言葉と頷きで教えてくれるY君とのおしゃべりは

楽しくて、指談と声の返事をMIXしたおしゃべりでした。

膝に抱っこしてお話を聞き始めるとY君は饒舌でした。


「僕はお兄ちゃんだから我慢するのは大丈夫で辛いとか思わないよ、

学校も楽しいよ」と教えてくれます。


いつか家族で泊まったホテルのことをよく覚えていて教えてくれました。

心を向けてお話をさせてもらうと本当にほのぼのとした、そのお子さんらしい

素敵なお話をしてもらえます。


わかろうとしている氣持ちが 伝わるんでしょうね。