2016年08月20日

一時帰宅

昨年の秋に 病院にお訪ねした方が お盆の時期に

介護タクシーを利用されて 倒れてから初めての

一時帰宅ができたそうです。


初めてお会いした時に、全介助で何もわからないと

思われていた方です。

指談でお話をして、お嬢さんも◯と❌がわかるようになり

毎日、お母さんに 声掛けをたくさんしてくださいました。


短い時間の一時帰宅でも きっとたくさんのいい刺激があったでしょう。

拘縮が 緩やかに変わられているようです。

諦めないで 回復を信じることで 変化は起きていきます。


とても嬉しいメッセージでした。