2016年11月08日

二年ぶり


石川県での指でおしゃべりの会に参加予定でしたが

都合で参加できなくなったけれど自宅に寄ってもらえませんか?

というお問い合わせに、もちろん、オッケーですよって

土曜日の夕方に 津幡市の会場から 移動してお邪魔しました。


Yちゃんは2014年の12月に 一回会って指談をさせてもらった女の子。

二年ぶりに会うと背も伸びていて成長されたなぁ〜と感じます。

指でのおしゃべりも、筆談での会話もどちらもできましたが

頷く小さな動きや 足が動くこともわかって とても嬉しい変化でした。

表情も出るようになっていますね。


津幡市の森林公園から Yちゃんのお家まで 案内してくださったのは

今回の三回連続の指でおしゃべりの会のスタッフさんをしてくれたKさんで

二年前に このご家族に指談や白雪姫プロジェクトを伝えてくださり、

私と出会わせてくれた方、というのも素敵です。

出会った翌日のGo!Go!白雪姫プロジェクトの会場にも来てくださいました。

知っている人が伝えていくことで 言葉のないYちゃんに 思いがあることも

その思いを伝える方法があることも ご家族に伝わったのでした。


白雪姫プロジェクトを知っていますか?」と、

意識障害から回復する方法があることも宮ぷーのことも、

言葉が話せない人も、身体のどこも動かせない人にも 思いがあり、

それを伝える方法があることが みんなの常識に変わるまで

伝えていきたいと思います。