2016年11月10日

腕が動かせた!



石川県に伺う度に 病院に行き、指談でお話やリハビリをする恭平さんに

今回はかっこちゃんも一緒に会いに行けることになって

病院に行くまでの午前中は ワンピースを作る?と誘われて

大阪から生地を持って行きました。


朝、ホテルまで迎えに来ていただいて かっこちゃんのお家の近くにある、

薪で火を焚いて作っているお豆腐屋さんに立ち寄って

美味しい厚揚げを買ってお昼に食べることに。

薪がいっぱい積んであります。戸を開けると懐かしいほっとする香りの中に

まだ30代の店主、村田さんがいました。



そして お友達のよりちゃんのお家にもちょっとお邪魔しました。

築40年以上だったお家の畳だった床を木で(プロが)張り替えたり、

壁は珪藻土をご自身が塗ったというお部屋で珈琲をいただきました。

イタリア製の赤いペレットストーブに火が燃えていて素敵です。
(よりちゃんのお家にあったラビットサボテン、可愛い!)




かっこちゃんのお家に着いて 候補のワンピースから形を決めたら

玄関の床に生地を置いてかっこちゃんのワンピースを乗せてまち針は4本のみ、わっ少なっ!

定規やお家にあるモノを使ってささっと印を付けたら ハサミでカット。

手縫いで リボンというか左右に長く付ける紐も生地からちくちくちくと作ります。

一本は私が もう一本はかっこちゃんが縫ってくれて私の半分の時間で縫い終わり。

そしてワンピースの肩から始めて 脇も被せ縫いで二人で左右を手分けしてどんどん縫います。

脇が縫えたら袖ぐりも手分けして 三つ折りで縫います。

その間にもかっこちゃんは電話に出られたり、パソコンをささっとされています。

ももちゃんがトリミングに来ているわんちゃんのリボンが欲しいというと

魔法のように ささっと作ってしまうのでした。スゴイ〜!


そうしているうちに お昼になって 先ほどの厚揚げを焼いてさっと味付けして

「熱いうちに」って出してもらって いただきました、本当に美味しい厚揚げ。

よく大阪で見る厚揚げではなくてお揚げさんの厚みが薄揚げの倍くらいかしら。

作っている人もお店も見ているから余計にありがたくて美味しい厚揚げでした。


襟ぐりは私一人で三つ折りで始末しました。残りは裾ですが帰りのサンダーバードで

ちくちくちくとすることにしました。


恭平さんは初めて会った去年の7月からは とても回復されていると実感します。

二ヶ月前と比べても右腕が柔らかく深く曲げられて肩に触れるようになりました。

声かけで笑ったり、瞬きをパチパチと二回して合図にもできるようになりました。

STさんがついて 飲み込みの練習も始まっていました。バニラアイスが美味しいって。


首が右ばかり向くので首筋や背中に氣圧療法を少しさせてもらいました。

かっこちゃんが、指先と腕が動かせる!と氣ついてくれて 何度か動かせたのが

今回の大きな感動でした。

恭平さんも大きな声で びっくりして、でもとても嬉しい変化を味わっていました。

泣き顔に見えても思いは嬉しい、嬉しいという指談でした。

おかあさんとおとうさんが 毎日、リハビリをされています。

記録の用紙をおとうさんが作って おかあさんが克明に印をされていました。

おしっこも昼間は尿器でできて オムツにすることがなくなりました。

尿意がわかると指談で教えてくれてから 時間を決めて当てることをおかあさんが

やってくれてそこからできるようになったんです。出ると声で教えてくれます。

声でも返事ができるようになってきました。


宮ぷーが飛行機で仙台に行けたことを話すと 恭平さんも旅行ができるようになりたいと

教えてくれます。先の希望があることは回復の力になりますね。


帰りのサンダーバードでワンピース、裾を仕上げて タグを自宅で付けて出来上がりました。

お披露目しま〜す。