2017年01月09日

伝える。


指でおしゃべり、指談を誰のため、何のために伝えているのか。

未常識であっても 本当のことと実感するからです。



指でおしゃべり(指談)というのは ご本人が 身振りや言葉が使えず、

指も動かせず、文字を書くこともできない状態であっても

聞き取るこちら側の心の状態を整えることで 意思疎通ができる方法です。


はい、そうです、合っています、というのを ◯をイメージしてもらい、

その形を書きたい思いが指先に伝わるのを 感じ取る、そういう方法です。


イイエ、違います、そうではない、というのは /または直線で思ってもらいます。


指先に 曲線が伝われば 完全な円形でなくても ハイ、そうですと伝わり、

直線であれば イイエ、違いますと伝えられる方法です。



意識障害の方や 生まれつきの障がいで話せない方も誰にも

私たちと変わらない、同じように思いも言葉(思いの響き)もあると

信じるからこそ 問いかけもするのですね。


閉じこめられ症候群は 中からは開けられない部屋に鍵をかけられたような

状態です。


その状況から回復できた方が 「死を超える恐怖だった」と言ったそうです。
(岩崎靖子監督が聞いたことだそうです。)



返事が返らなくても 普通に声をかけていただく。

伝わると知っていただく、それもまた コミュニケーションと考えています。