2017年07月23日

変化

白雪姫プロジェクトをお姉さんが知って

白雪姫プロジェクトに繋がったことでご縁ができた、

意識障害の男性に会いに行きました。

初めて伺ったのは丸二年前になるのですね。

今年の始めには危篤でいのちの危険があったのでした。

白雪隊のみんなに祈りの応援をお願いしました。

感染症だったそうですがいのちは繋がり、今はまた端座位やリハビリをご家族がしているのでした。

二年間の変化としては瞬きの合図がとてもはっきりされたこと、お顔の表情もとても豊かになっていました。


一番の大きな変化は 奥さまに現れていました。

ご主人の状況をありのままに受け入れて、そこからできることを見つけようとされています。


二年という時間が覚悟を決めさせたのかも知れません。

意識障害であっても、言葉も色や形もわかっている、と信じられるようになったことで

ご家族は覚悟と、いっそうの強さを出せるようになっていくのでしょうか。


筆談のやり方もお伝えしました。
ご自身の手で持つことができなくても、手を添えたら筆談ができることは 嬉しいですね。

応援するご家族の姿に 私の方が力をいただいた、病院訪問でした。  


Posted by まきの じゅんこ at 10:03Comments(0)指談 アフターケア