2017年10月11日

耳が動かせる!




8月に初めて会って指談でおしゃべりをさせていただいた、たくくんは22歳になりました。



先日、能の発表会での上京のタイミングに合わせて

たくくんの叔母さまのKさんも関西から同席されて

お話をさせていただきました。



前回はほとんど目をつむっていたたくくんですが

朝からぱっちり目を開けて待っていてくれました。



指談でお話をしてから 毎日泣くような表情が続いていること、

その理由やどういうことをして欲しいのかを尋ねたいというのが

おかあさんのご希望でした。



悲しくて泣くとか、辛いから泣くとかではないことが伝わりました。

(感情を)閉じ込めてきたけれど 閉じ込めなくていいとわかったから

閉じ込めてきたものを外に出してるだけ、と教えてくれました。


でも、泣き顔じゃない方が見ているご家族は安心ですね。

「最近、笑顔が見れないね。笑ってよ」という

おかあさんと叔母さまの声に たくくんの口角が上がったんです。

笑顔でぽいぽいってできたらいいですねぇ。

何故って、たくくんの笑顔は世界を幸せにしてくれるような笑顔。



そして右耳の炎症のケアのことでは 今、痛みはないことも

教えてもらいました。

それでこの時に右耳にみんなが注目していると 


動きました!


おかあさんが発見しました。


ハイ、というタイミングで、左耳は動きませんが 

右耳の上の方だけをくいっと動かすことができます。


すごいです。


内面からの思いをハイ、とイイエだけでも可視化できると

コミュニケーションがより、しやすくなります。


二度会っただけですがたくくんが今後に

どんな化学変化を見せてくれるのか、楽しみです。